Google I / Oが5月18〜20日に戻ってきます。スペースを予約してスケジュールを作成する今すぐ登録する

tensorflow :: ops :: FIFOQueue

#include <data_flow_ops.h>

先入れ先出しの順序で要素を生成するキュー。

概要

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • component_types:値の各コンポーネントのタイプ。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • 形状:値内の各コンポーネントの形状。この属性の長さは、0またはcomponent_typesの長さと同じである必要があります。この属性の長さが0の場合、キュー要素の形状は制約されず、一度に1つの要素のみをデキューできます。
  • 容量:このキュー内の要素数の上限。負の数は制限がないことを意味します。
  • コンテナ:空でない場合、このキューは指定されたコンテナに配置されます。それ以外の場合は、デフォルトのコンテナが使用されます。
  • shared_name:空でない場合、このキューは複数のセッション間で指定された名前で共有されます。

戻り値:

  • Output :キューへのハンドル。

コンストラクタとデストラクタ

FIFOQueue (const :: tensorflow::Scope & scope, const DataTypeSlice & component_types)
FIFOQueue (const :: tensorflow::Scope & scope, const DataTypeSlice & component_types, const FIFOQueue::Attrs & attrs)

パブリック属性

handle
operation

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

Capacity (int64 x)
Container (StringPiece x)
Shapes (const gtl::ArraySlice< PartialTensorShape > & x)
SharedName (StringPiece x)

構造体

tensorflow :: ops :: FIFOQueue :: Attrs

FIFOQueueのオプションの属性セッター。

パブリック属性

扱う

::tensorflow::Output handle

操作

Operation operation

公の行事

FIFOQueue

 FIFOQueue(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  const DataTypeSlice & component_types
)

FIFOQueue

 FIFOQueue(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  const DataTypeSlice & component_types,
  const FIFOQueue::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

容量

Attrs Capacity(
  int64 x
)

コンテナ

Attrs Container(
  StringPiece x
)

Attrs Shapes(
  const gtl::ArraySlice< PartialTensorShape > & x
)

SharedName

Attrs SharedName(
  StringPiece x
)