tensorflow :: ops ::想像してみてください

#include <math_ops.h>

複素数の虚数部を返します。

概要

複素数のテンソルinputが与えられると、この操作は、 inputの各要素の虚数部であるfloat型のテンソルを返しinputinput内のすべての要素は、\(a + bj\)の形式の複素数である必要があります。ここで aは実数部、 bはこの操作によって返される虚数部です。

例えば:

# tensor 'input' is [-2.25 + 4.75j, 3.25 + 5.75j]
tf.imag(input) ==> [4.75, 5.75]

引数:

戻り値:

  • Output :出力テンソル。

コンストラクタとデストラクタ

Imag (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input)
Imag (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, const Imag::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation
output

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

Tout (DataType x)

構造体

tensorflow :: ops :: Imag :: Attrs

Imagのオプションの属性セッター。

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公の行事

想像してみてください

 Imag(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input
)

想像してみてください

 Imag(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  const Imag::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

タウト

Attrs Tout(
  DataType x
)