日付を保存! Google I / Oが5月18日から20日に戻ってきます今すぐ登録
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: MaxPoolWithArgmax

#include <nn_ops.h>

入力に対して最大プーリングを実行し、最大値とインデックスの両方を出力します。

概要

でインデックスargmax位置の最大値ように、平坦化されている[b, y, x, c]インデックス平坦になる: (y * width + x) * channels + c場合include_batch_in_index偽です。 ((b * height + y) * width + x) * channels + c include_batch_in_indexがTrueの場合((b * height + y) * width + x) * channels + c

返されるインデックスは、パディングが含まれ、数学的に正しい答えが外側(負または大きすぎる)であっても、平坦化する前は常に[0, height) x [0, width)になります。これはバグですが、特にフラット化のために、安全な下位互換性のある方法で修正することは困難です。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • 入力:形状[batch, height, width, channels] 4D。プールオーバーへの入力
  • ksize:入力テンソルの各次元のウィンドウのサイズ。
  • ストライド:入力テンソルの各次元のスライディングウィンドウのストライド。
  • パディング:使用するパディングアルゴリズムのタイプ。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • include_batch_in_index: argmaxフラット化されたインデックスにバッチディメンションを含めるかどうか。

戻り値:

  • Output出力:最大プール出力テンソル。
  • Output argmax:4-D。各出力に対して選択された最大値のフラット化されたインデックス。

コンストラクタとデストラクタ

MaxPoolWithArgmax (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, const gtl::ArraySlice< int > & ksize, const gtl::ArraySlice< int > & strides, StringPiece padding)
MaxPoolWithArgmax (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, const gtl::ArraySlice< int > & ksize, const gtl::ArraySlice< int > & strides, StringPiece padding, const MaxPoolWithArgmax::Attrs & attrs)

パブリック属性

argmax
operation
output

パブリック静的関数

IncludeBatchInIndex (bool x)
Targmax (DataType x)

構造体

tensorflow :: ops :: MaxPoolWithArgmax :: Attrs

MaxPoolWithArgmaxのオプションの属性セッター。

パブリック属性

argmax

::tensorflow::Output argmax

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公の行事

MaxPoolWithArgmax

 MaxPoolWithArgmax(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  const gtl::ArraySlice< int > & ksize,
  const gtl::ArraySlice< int > & strides,
  StringPiece padding
)

MaxPoolWithArgmax

 MaxPoolWithArgmax(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  const gtl::ArraySlice< int > & ksize,
  const gtl::ArraySlice< int > & strides,
  StringPiece padding,
  const MaxPoolWithArgmax::Attrs & attrs
)

パブリック静的関数

IncludeBatchInIndex

Attrs IncludeBatchInIndex(
  bool x
)

Targmax

Attrs Targmax(
  DataType x
)