tensorflow :: ops :: NthElement

#include <nn_ops.h>

最後の次元のn次統計量の値を検索します。

概要

入力がベクトル(ランク1)の場合、ベクトル内でn番目に小さい値であるエントリを検索し、それらの値をスカラーテンソルとして出力します。

行列(または上位の入力)の場合、各行のn番目に小さい値(または最後の次元に沿ったベクトル)であるエントリを計算します。したがって、

values.shape = input.shape[:-1]

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • 入力:1-D以上、最後の次元が少なくともn+1
  • n:0-D。最後の次元に沿って(行列の各行に沿って)選択するソート済みベクトルの位置。 nの有効な範囲は[0, input.shape[:-1])

オプションの属性(参照Attrs ):

  • 逆:Trueに設定すると、ベクトルでn番目に大きい値を見つけます。その逆も同様です。

戻り値:

  • Output :各最後の次元スライスに沿ったn次統計。

コンストラクタとデストラクタ

NthElement (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, :: tensorflow::Input n)
NthElement (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, :: tensorflow::Input n, const NthElement::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation
values

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

Reverse (bool x)

構造体

tensorflow :: ops :: NthElement :: Attrs

NthElementのオプションの属性セッター。

パブリック属性

操作

Operation operation

::tensorflow::Output values

公の行事

NthElement

 NthElement(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  ::tensorflow::Input n
)

NthElement

 NthElement(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  ::tensorflow::Input n,
  const NthElement::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

逆行する

Attrs Reverse(
  bool x
)