日付を保存! Google I / Oが5月18日から20日に戻ってきます今すぐ登録
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: RandomShuffle

#include <random_ops.h>

テンソルを最初の次元に沿ってランダムにシャッフルします。

概要

テンソルは次元0に沿ってシャッフルされ、各value[j]は1つだけのoutput[i]マップされます。たとえば、3x2テンソルで発生する可能性のあるマッピングは次のとおりです。

[[1, 2],       [[5, 6],
 [3, 4],  ==>   [1, 2],
 [5, 6]]        [3, 4]]

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • 値:シャッフルされるテンソル。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • seed: seedまたはseed2いずれかがゼロ以外に設定されている場合、乱数ジェネレーターは指定されたシードによってシードされます。それ以外の場合は、ランダムシードによってシードされます。
  • seed2:シードの衝突を回避するための2番目のシード。

戻り値:

  • Outputvalueと同じ形状とタイプのテンソルで、最初の次元に沿ってシャッフルされvalue

コンストラクタとデストラクタ

RandomShuffle (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input value)
RandomShuffle (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input value, const RandomShuffle::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation
output

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

Seed (int64 x)
Seed2 (int64 x)

構造体

tensorflow :: ops :: RandomShuffle :: Attrs

RandomShuffleのオプションの属性セッター。

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公の行事

RandomShuffle

 RandomShuffle(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input value
)

RandomShuffle

 RandomShuffle(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input value,
  const RandomShuffle::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

シード

Attrs Seed(
  int64 x
)

Seed2

Attrs Seed2(
  int64 x
)