tensorflow :: ops :: ResourceApplyMomentum

#include <training_ops.h>

運動量スキームに従って「* var」を更新します。

概要

次の場合は、use_nesterov = Trueに設定します

ネステロフの勢いを使いたい。

accum = accum *運動量+ grad var- = lr * accum

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • var:Variable()からのものである必要があります。
  • accum:Variable()からのものである必要があります。
  • lr:スケーリング係数。スカラーである必要があります。
  • grad:グラデーション。
  • 勢い:勢い。スカラーである必要があります。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • use_locking: True場合、varテンソルとaccumテンソルの更新はロックによって保護されます。それ以外の場合、動作は定義されていませんが、競合が少なくなる可能性があります。
  • use_nesterov: True場合、gradを計算するために渡されるテンソルはvar --lr * momentum * accumになるため、最終的に取得するvarは実際にはvar --lr * momentum * accumになります。

戻り値:

コンストラクタとデストラクタ

ResourceApplyMomentum (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input var, :: tensorflow::Input accum, :: tensorflow::Input lr, :: tensorflow::Input grad, :: tensorflow::Input momentum)
ResourceApplyMomentum (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input var, :: tensorflow::Input accum, :: tensorflow::Input lr, :: tensorflow::Input grad, :: tensorflow::Input momentum, const ResourceApplyMomentum::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation

公の行事

operator::tensorflow::Operation () const

パブリック静的関数

UseLocking (bool x)
UseNesterov (bool x)

構造体

tensorflow :: ops :: ResourceApplyMomentum :: Attrs

ResourceApplyMomentumのオプションの属性セッター。

パブリック属性

操作

Operation operation

公の行事

ResourceApplyMomentum

 ResourceApplyMomentum(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input var,
  ::tensorflow::Input accum,
  ::tensorflow::Input lr,
  ::tensorflow::Input grad,
  ::tensorflow::Input momentum
)

ResourceApplyMomentum

 ResourceApplyMomentum(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input var,
  ::tensorflow::Input accum,
  ::tensorflow::Input lr,
  ::tensorflow::Input grad,
  ::tensorflow::Input momentum,
  const ResourceApplyMomentum::Attrs & attrs
)

operator :: tensorflow :: Operation

 operator::tensorflow::Operation() const 

パブリック静的関数

UseLocking

Attrs UseLocking(
  bool x
)

UseNesterov

Attrs UseNesterov(
  bool x
)