tensorflow :: ops :: SparseApplyCenteredRMSProp

#include <training_ops.h>

中央のRMSPropアルゴリズムに従って「* var」を更新します。

概要

中心化されたRMSPropアルゴリズムは、(中心化されていない)2次モーメントを使用する通常のRMSPropとは対照的に、正規化に中心化された2次モーメント(つまり分散)の推定値を使用します。これはトレーニングに役立つことがよくありますが、計算とメモリの点で少し高価です。

このアルゴリズムの密な実装では、gradがゼロの場合でもmg、ms、およびmomが更新されますが、このスパースの実装では、gradがゼロの反復ではmg、ms、およびmomは更新されないことに注意してください。

mean_square =減衰* mean_square +(1-decay)*勾配** 2 mean_grad =減衰* mean_grad +(1-decay)*勾配Delta = Learning_rate *勾配/ sqrt(mean_square + epsilon-mean_grad ** 2)

$$ms <- rho * ms_{t-1} + (1-rho) * grad * grad$$ $$mom <- momentum * mom_{t-1} + lr * grad / sqrt(ms + epsilon)$$ $$var <- var - mom$$

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • var:Variable()からのものである必要があります。
  • mg:Variable()からのものである必要があります。
  • ms:Variable()からのものである必要があります。
  • mom:Variable()からのものである必要があります。
  • lr:スケーリング係数。スカラーである必要があります。
  • rho:減衰率。スカラーである必要があります。
  • イプシロン:リッジターム。スカラーである必要があります。
  • grad:グラデーション。
  • インデックス:var、ms、momの最初の次元へのインデックスのベクトル。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • use_locking: True場合、var、mg、ms、およびmomテンソルの更新はロックによって保護されます。それ以外の場合、動作は定義されていませんが、競合が少なくなる可能性があります。

戻り値:

  • Output :「var」と同じ。

コンストラクタとデストラクタ

SparseApplyCenteredRMSProp (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input var, :: tensorflow::Input mg, :: tensorflow::Input ms, :: tensorflow::Input mom, :: tensorflow::Input lr, :: tensorflow::Input rho, :: tensorflow::Input momentum, :: tensorflow::Input epsilon, :: tensorflow::Input grad, :: tensorflow::Input indices)
SparseApplyCenteredRMSProp (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input var, :: tensorflow::Input mg, :: tensorflow::Input ms, :: tensorflow::Input mom, :: tensorflow::Input lr, :: tensorflow::Input rho, :: tensorflow::Input momentum, :: tensorflow::Input epsilon, :: tensorflow::Input grad, :: tensorflow::Input indices, const SparseApplyCenteredRMSProp::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation
out

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

UseLocking (bool x)

構造体

tensorflow :: ops :: SparseApplyCenteredRMSProp :: Attrs

SparseApplyCenteredRMSPropのオプションの属性セッター。

パブリック属性

操作

Operation operation

でる

::tensorflow::Output out

公の行事

SparseApplyCenteredRMSProp

 SparseApplyCenteredRMSProp(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input var,
  ::tensorflow::Input mg,
  ::tensorflow::Input ms,
  ::tensorflow::Input mom,
  ::tensorflow::Input lr,
  ::tensorflow::Input rho,
  ::tensorflow::Input momentum,
  ::tensorflow::Input epsilon,
  ::tensorflow::Input grad,
  ::tensorflow::Input indices
)

SparseApplyCenteredRMSProp

 SparseApplyCenteredRMSProp(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input var,
  ::tensorflow::Input mg,
  ::tensorflow::Input ms,
  ::tensorflow::Input mom,
  ::tensorflow::Input lr,
  ::tensorflow::Input rho,
  ::tensorflow::Input momentum,
  ::tensorflow::Input epsilon,
  ::tensorflow::Input grad,
  ::tensorflow::Input indices,
  const SparseApplyCenteredRMSProp::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

UseLocking

Attrs UseLocking(
  bool x
)