日付を保存! Google I / Oが5月18日から20日に戻ってきます今すぐ登録
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: TensorArrayGradWithShape

#include <data_flow_ops.h>

指定されたハンドルに値の複数のグラデーションを格納するためのTensorArrayを作成します。

概要

TensorArrayGradV3に似ています。ただし、勾配が計算されている入力TensorArrayと比較して、形状が拡張されたアキュムレータが作成されます。これにより、同じアキュムレータを使用して、同じTensorArrayの複数の勾配を計算できます。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • handle:前方のTensorArrayへのハンドル。
  • flow_in:操作の適切な連鎖を強制するfloatスカラー。
  • shape_to_prepend:形状を表すint32ベクトル。グラデーションアキュムレータ内の要素は、入力ハンドルに対応するTensorArray内の要素の形状と連結されたこのshape_to_prepend値である形状を持ちます。
  • source:どのグラデーションTensorArrayを返すかを決定するために使用されるグラデーションソース文字列。

戻り値:

コンストラクタとデストラクタ

TensorArrayGradWithShape (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input handle, :: tensorflow::Input flow_in, :: tensorflow::Input shape_to_prepend, StringPiece source)

パブリック属性

flow_out
grad_handle
operation

パブリック属性

流れ出します

::tensorflow::Output flow_out

grad_handle

::tensorflow::Output grad_handle

操作

Operation operation

公の行事

TensorArrayGradWithShape

 TensorArrayGradWithShape(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input handle,
  ::tensorflow::Input flow_in,
  ::tensorflow::Input shape_to_prepend,
  StringPiece source
)