日付を保存! Google I / Oが5月18日から20日に戻ってきます今すぐ登録
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: TensorSummary

#include <logging_ops.h>

テンソルを使用してSummaryプロトコルバッファを出力します。

概要

この操作は段階的に廃止され、 TensorSummaryV2が使用されます。これにより、呼び出し元はタグと、プラグイン固有のデータを含むシリアル化されたSummaryMetadataプロト文字列を渡すことができます。下位互換性を維持するために、この操作を維持します。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • テンソル:シリアル化するテンソル。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • description:jsonでエンコードされたSummaryDescriptionプロト。
  • ラベル:文字列の未使用のリスト。
  • display_name:未使用の文字列。

戻り値:

  • Output :要約テンソル。

コンストラクタとデストラクタ

TensorSummary (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input tensor)
TensorSummary (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input tensor, const TensorSummary::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation
summary

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

Description (StringPiece x)
DisplayName (StringPiece x)
Labels (const gtl::ArraySlice< string > & x)

構造体

tensorflow :: ops :: TensorSummary :: Attrs

TensorSummaryのオプションの属性セッター。

パブリック属性

操作

Operation operation

概要

::tensorflow::Output summary

公の行事

TensorSummary

 TensorSummary(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input tensor
)

TensorSummary

 TensorSummary(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input tensor,
  const TensorSummary::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

説明

Attrs Description(
  StringPiece x
)

表示名

Attrs DisplayName(
  StringPiece x
)

ラベル

Attrs Labels(
  const gtl::ArraySlice< string > & x
)