日付を保存! Google I / Oが5月18日から20日に戻ってきます今すぐ登録
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: TopK

#include <nn_ops.h>

最後の次元のk最大要素の値とインデックスを検索します。

概要

入力がベクトル(ランク1)の場合、ベクトル内で最大のkのエントリを見つけ、それらの値とインデックスをベクトルとして出力します。したがって、 values[j]input j番目に大きいエントリであり、そのインデックスはindices[j]です。

行列(または上位の入力)の場合、各行の上位kエントリ(または最後の次元に沿ったベクトル)を計算します。したがって、

values.shape = indices.shape = input.shape[:-1] + [k]

2つの要素が等しい場合、インデックスの低い要素が最初に表示されます。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • 入力:1-D以上で、最後の次元が少なくともkです。
  • k:0-D。最後の次元に沿って(行列の各行に沿って)検索する上位要素の数。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • ソート済み:trueの場合、結果のk要素は値の降順でソートされます。

戻り値:

  • Output値:各最後の次元スライスに沿ったk最大要素。
  • Outputインデックス: input最後の次元内のvaluesのインデックス。

コンストラクタとデストラクタ

TopK (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, :: tensorflow::Input k)
TopK (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, :: tensorflow::Input k, const TopK::Attrs & attrs)

パブリック属性

indices
operation
values

パブリック静的関数

Sorted (bool x)

構造体

tensorflow :: ops :: TopK :: Attrs

TopKのオプションの属性セッター。

パブリック属性

インデックス

::tensorflow::Output indices

操作

Operation operation

::tensorflow::Output values

公の行事

TopK

 TopK(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  ::tensorflow::Input k
)

TopK

 TopK(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  ::tensorflow::Input k,
  const TopK::Attrs & attrs
)

パブリック静的関数

ソート済み

Attrs Sorted(
  bool x
)