tensorflow :: ops ::切断正規

#include <random_ops.h>

切断正規分布からランダムな値を出力します。

概要

生成された値は、平均から2標準偏差を超える大きさの値が削除されて再選択されることを除いて、平均0と標準偏差1の正規分布に従います。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • shape:出力テンソルの形状。
  • dtype:出力のタイプ。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • seed: seedまたはseed2いずれかがゼロ以外に設定されている場合、乱数ジェネレーターは指定されたシードによってシードされます。それ以外の場合は、ランダムシードによってシードされます。
  • seed2:シードの衝突を回避するための2番目のシード。

戻り値:

  • Output :ランダムな切断正規値で満たされた指定された形状のテンソル。

コンストラクタとデストラクタ

TruncatedNormal (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input shape, DataType dtype)
TruncatedNormal (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input shape, DataType dtype, const TruncatedNormal::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation
output

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

Seed (int64 x)
Seed2 (int64 x)

構造体

tensorflow :: ops :: TruncatedNormal :: Attrs

TruncatedNormalのオプションの属性セッター。

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公の行事

切断正規

 TruncatedNormal(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input shape,
  DataType dtype
)

切断正規

 TruncatedNormal(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input shape,
  DataType dtype,
  const TruncatedNormal::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

シード

Attrs Seed(
  int64 x
)

Seed2

Attrs Seed2(
  int64 x
)