MLコミュニティデーは11月9日です! TensorFlow、JAXからの更新のために私たちに参加し、より多くの詳細をご覧ください

tensorflow :: ops ::多項:: Attrs

#include <random_ops.h>

多項のオプションの属性セッター。

概要

パブリック属性

output_dtype_ = DT_INT64
DataType
seed2_ = 0
int64
seed_ = 0
int64

公の行事

OutputDtype (DataType x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
デフォルトはDT_INT64です。
Seed (int64 x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
seedまたはseed2のいずれかがゼロ以外に設定されている場合、内部乱数ジェネレーターは指定されたシードによってシードされます。
Seed2 (int64 x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
シードの衝突を回避するための2番目のシード。

パブリック属性

output_dtype_

DataType tensorflow::ops::Multinomial::Attrs::output_dtype_ = DT_INT64

seed2_

int64 tensorflow::ops::Multinomial::Attrs::seed2_ = 0

シード_

int64 tensorflow::ops::Multinomial::Attrs::seed_ = 0

公の行事

OutputDtype

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::Multinomial::Attrs::OutputDtype(
  DataType x
)

デフォルトはDT_INT64です。

シード

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::Multinomial::Attrs::Seed(
  int64 x
)

seedまたはseed2のいずれかがゼロ以外に設定されている場合、内部乱数ジェネレーターは指定されたシードによってシードされます。

それ以外の場合は、ランダムシードが使用されます。

デフォルトは0です

Seed2

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::Multinomial::Attrs::Seed2(
  int64 x
)

シードの衝突を回避するための2番目のシード。

デフォルトは0です