MLコミュニティデーは11月9日です! TensorFlow、JAXからの更新のために私たちに参加し、より多くの詳細をご覧ください

tensorflow :: ops :: SampleDistortedBoundingBox :: Attrs

#include <image_ops.h>

SampleDistortedBoundingBoxのオプションの属性セッター。

概要

パブリック属性

area_range_ = Default_area_range()
gtl::ArraySlice< float >
aspect_ratio_range_ = Default_aspect_ratio_range()
gtl::ArraySlice< float >
max_attempts_ = 100
int64
min_object_covered_ = 0.1f
float
seed2_ = 0
int64
seed_ = 0
int64
use_image_if_no_bounding_boxes_ = false
bool

公の行事

AreaRange (const gtl::ArraySlice< float > & x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
画像のトリミングされた領域には、この範囲内で提供された画像の一部が含まれている必要があります。
AspectRatioRange (const gtl::ArraySlice< float > & x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
画像のトリミングされた領域は、この範囲内のアスペクト比=幅/高さである必要があります。
MaxAttempts (int64 x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
指定された制約の画像のトリミングされた領域の生成の試行回数。
MinObjectCovered (float x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
画像のトリミングされた領域には、提供された境界ボックスの少なくともこの部分が含まれている必要があります。
Seed (int64 x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
いずれかの場合seed又はseed2非ゼロに設定され、乱数発生器は、与えられたことによって播種されるseed
Seed2 (int64 x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
シードの衝突を回避するための2番目のシード。
UseImageIfNoBoundingBoxes (bool x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
バウンディングボックスが指定されていない場合の動作を制御します。

パブリック属性

area_range_

gtl::ArraySlice< float > tensorflow::ops::SampleDistortedBoundingBox::Attrs::area_range_ = Default_area_range()

アスペクト比_範囲_

gtl::ArraySlice< float > tensorflow::ops::SampleDistortedBoundingBox::Attrs::aspect_ratio_range_ = Default_aspect_ratio_range()

max_attempts_

int64 tensorflow::ops::SampleDistortedBoundingBox::Attrs::max_attempts_ = 100

min_object_covered_

float tensorflow::ops::SampleDistortedBoundingBox::Attrs::min_object_covered_ = 0.1f

seed2_

int64 tensorflow::ops::SampleDistortedBoundingBox::Attrs::seed2_ = 0

シード_

int64 tensorflow::ops::SampleDistortedBoundingBox::Attrs::seed_ = 0

use_image_if_no_bounding_boxes_

bool tensorflow::ops::SampleDistortedBoundingBox::Attrs::use_image_if_no_bounding_boxes_ = false

公の行事

AreaRange

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::SampleDistortedBoundingBox::Attrs::AreaRange(
  const gtl::ArraySlice< float > & x
)

画像のトリミングされた領域には、この範囲内で提供された画像の一部が含まれている必要があります。

デフォルトは[0.05、1]です

AspectRatioRange

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::SampleDistortedBoundingBox::Attrs::AspectRatioRange(
  const gtl::ArraySlice< float > & x
)

画像のトリミングされた領域は、この範囲内のアスペクト比=幅/高さである必要があります。

デフォルトは[0.75、1.33]です

MaxAttempts

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::SampleDistortedBoundingBox::Attrs::MaxAttempts(
  int64 x
)

指定された制約の画像のトリミングされた領域の生成の試行回数。

max_attempts失敗した後、画像全体を返します。

デフォルトは100

MinObjectCovered

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::SampleDistortedBoundingBox::Attrs::MinObjectCovered(
  float x
)

画像のトリミングされた領域には、提供された境界ボックスの少なくともこの部分が含まれている必要があります。

このパラメーターの値は負でない必要があります。 0の場合、トリミングされた領域は、提供された境界ボックスのいずれとも重なる必要はありません。

デフォルトは0.1

シード

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::SampleDistortedBoundingBox::Attrs::Seed(
  int64 x
)

いずれかの場合seed又はseed2非ゼロに設定され、乱数発生器は、与えられたことによって播種されるseed

それ以外の場合は、ランダムシードによってシードされます。

デフォルトは0です

Seed2

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::SampleDistortedBoundingBox::Attrs::Seed2(
  int64 x
)

シードの衝突を回避するための2番目のシード。

デフォルトは0です

UseImageIfNoBoundingBoxes

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::SampleDistortedBoundingBox::Attrs::UseImageIfNoBoundingBoxes(
  bool x
)

バウンディングボックスが指定されていない場合の動作を制御します。

trueの場合、入力全体をカバーする暗黙の境界ボックスを想定します。 falseの場合、エラーを発生させます。

デフォルトはfalse