MLコミュニティデーは11月9日です! TensorFlow、JAXからの更新のために私たちに参加し、より多くの詳細をご覧ください

tensorflow :: ops :: UnicodeTranscode :: Attrs

#include <string_ops.h>

UnicodeTranscodeのオプションの属性セッター。

概要

パブリック属性

errors_ = "replace"
StringPiece
replace_control_characters_ = false
bool
replacement_char_ = 65533
int64

公の行事

Errors (StringPiece x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
入力に無効なフォーマットが見つかった場合のエラー処理ポリシー。
ReplaceControlCharacters (bool x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
C0制御文字(00-1F)をreplacement_charに置き換えるかどうか。
ReplacementChar (int64 x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
errors='replace'場合、入力の無効なフォーマットの代わりに使用される置換文字コードポイント。

パブリック属性

エラー_

StringPiece tensorflow::ops::UnicodeTranscode::Attrs::errors_ = "replace"

replace_control_characters_

bool tensorflow::ops::UnicodeTranscode::Attrs::replace_control_characters_ = false

replace_char_

int64 tensorflow::ops::UnicodeTranscode::Attrs::replacement_char_ = 65533

公の行事

エラー

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::UnicodeTranscode::Attrs::Errors(
  StringPiece x
)

入力に無効なフォーマットが見つかった場合のエラー処理ポリシー。

'strict'の値により、操作は無効な入力フォーマットに対してInvalidArgumentエラーを生成します。 'replace'(デフォルト)の値により、操作は入力の無効なフォーマットをreplacement_charコードポイントにreplacement_charます。 'ignore'の値を指定すると、操作は入力の無効なフォーマットをスキップし、対応する出力文字を生成しません。

デフォルトは「置換」

ReplaceControlCharacters

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::UnicodeTranscode::Attrs::ReplaceControlCharacters(
  bool x
)

C0制御文字(00-1F)をreplacement_charに置き換えるかどうか。

デフォルトはfalseです。

デフォルトはfalse

ReplaceChar

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::UnicodeTranscode::Attrs::ReplacementChar(
  int64 x
)

errors='replace'場合、入力の無効なフォーマットの代わりに使用される置換文字コードポイント。

任意の有効なUnicodeコードポイントを使用できます。デフォルト値は、デフォルトのユニコード置換文字が0xFFFDまたはU + 65533です。)

UTF-8の場合、無効なバイトは1バイトの置換に置き換えられるため、 ''などの1バイトで表現可能な置換文字を渡すと、ソースへの文字列の配置が保持されることに注意してください。 UTF-16-BEおよびUTF-16-LEの場合、1バイトまたは2バイトの置換文字は、ソースへのバイトアラインメントを保持します。

デフォルトは65533