tensorflow :: ops :: PaddingFIFOQueue :: Attrs

#include <data_flow_ops.h>

PaddingFIFOQueueのオプションの属性セッター。

概要

パブリック属性

capacity_ = -1
int64
container_ = ""
StringPiece
shapes_ = {}
gtl::ArraySlice< PartialTensorShape >
shared_name_ = ""
StringPiece

公の行事

Capacity (int64 x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
このキュー内の要素数の上限。
Container (StringPiece x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
空でない場合、このキューは指定されたコンテナに配置されます。
Shapes (const gtl::ArraySlice< PartialTensorShape > & x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
値内の各コンポーネントの形状。
SharedName (StringPiece x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
空でない場合、このキューは複数のセッション間で指定された名前で共有されます。

パブリック属性

容量_

int64 tensorflow::ops::PaddingFIFOQueue::Attrs::capacity_ = -1

コンテナ_

StringPiece tensorflow::ops::PaddingFIFOQueue::Attrs::container_ = ""

形_

gtl::ArraySlice< PartialTensorShape > tensorflow::ops::PaddingFIFOQueue::Attrs::shapes_ = {}

shared_name_

StringPiece tensorflow::ops::PaddingFIFOQueue::Attrs::shared_name_ = ""

公の行事

容量

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::PaddingFIFOQueue::Attrs::Capacity(
  int64 x
)

このキュー内の要素数の上限。

負の数は制限がないことを意味します。

デフォルトは-1

コンテナ

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::PaddingFIFOQueue::Attrs::Container(
  StringPiece x
)

空でない場合、このキューは指定されたコンテナに配置されます。

それ以外の場合は、デフォルトのコンテナが使用されます。

デフォルトは「」

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::PaddingFIFOQueue::Attrs::Shapes(
  const gtl::ArraySlice< PartialTensorShape > & x
)

値内の各コンポーネントの形状。

この属性の長さは、0またはcomponent_typesの長さと同じである必要があります。ランクが固定されているがサイズが可変の形状は、任意の形状寸法を-1に設定することで許可されます。この場合、入力の形状は指定されたディメンションに沿って変化する可能性があり、DequeueManyは、指定されたバッチ内のすべての要素の最大形状まで、指定されたディメンションにゼロを埋め込みます。この属性の長さが0の場合、異なるキュー要素は異なるランクと形状を持つ可能性がありますが、一度にデキューできる要素は1つだけです。

デフォルトは[]

SharedName

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::PaddingFIFOQueue::Attrs::SharedName(
  StringPiece x
)

空でない場合、このキューは複数のセッション間で指定された名前で共有されます。

デフォルトは「」