tensorflow :: ops :: DecodeCSV

#include <parsing_ops.h>

CSVレコードをテンソルに変換します。

概要

各列は1つのテンソルにマップされます。

CSVレコードにはRFC4180形式が必要です。 ( https://tools.ietf.org/html/rfc4180)intまたはfloatフィールドで先頭と末尾のスペースを許可することに注意してください。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • レコード:各文字列はcsvのレコード/行であり、すべてのレコードは同じ形式である必要があります。
  • record_defaults:入力レコードの列ごとに1つのテンソル。その列のスカラーのデフォルト値、または列が必要な場合は空のベクトル。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • field_delim:レコード内のフィールドを区切るchar区切り文字。
  • use_quote_delim:falseの場合、二重引用符は文字列フィールド内の通常の文字として扱われます(RFC 4180、セクション2、箇条書き5は無視されます)。
  • na_value:NA / NaNとして認識する追加の文字列。

戻り値:

  • OutputList :各テンソルはレコードと同じ形状になります。

コンストラクタとデストラクタ

DecodeCSV (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input records, :: tensorflow::InputList record_defaults)
DecodeCSV (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input records, :: tensorflow::InputList record_defaults, const DecodeCSV::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation
output

公の行事

operator[] (size_t index) const

パブリック静的関数

FieldDelim (StringPiece x)
NaValue (StringPiece x)
SelectCols (const gtl::ArraySlice< int > & x)
UseQuoteDelim (bool x)

構造体

tensorflow :: ops :: DecodeCSV :: Attrs

DecodeCSVのオプションの属性セッター。

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::OutputList output

公の行事

DecodeCSV

 DecodeCSV(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input records,
  ::tensorflow::InputList record_defaults
)

DecodeCSV

 DecodeCSV(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input records,
  ::tensorflow::InputList record_defaults,
  const DecodeCSV::Attrs & attrs
)

オペレーター[]

::tensorflow::Output operator[](
  size_t index
) const 

パブリック静的関数

FieldDelim

Attrs FieldDelim(
  StringPiece x
)
Attrs NaValue(
  StringPiece x
)

SelectCols

Attrs SelectCols(
  const gtl::ArraySlice< int > & x
)

UseQuoteDelim

Attrs UseQuoteDelim(
  bool x
)