Google I / Oが5月18〜20日に戻ってきます。スペースを予約してスケジュールを作成する今すぐ登録する

tensorflow :: ops :: DynamicPartition

#include <data_flow_ops.h>

パーティションのdatanum_partitionsからインデックスを使用してテンソルpartitions

概要

サイズpartitions.ndim各インデックスタプルjsについて、スライスdata[js, ...]outputs[partitions[js]]一部になりoutputs[partitions[js]] 。スライスpartitions[js] = i内に配置されるoutputs[i]の辞書式順序でjs 、との最初の寸法outputs[i]内のエントリの数であるpartitions等しいi 。詳細に、

    outputs[i].shape = [sum(partitions == i)] + data.shape[partitions.ndim:]

    outputs[i] = pack([data[js, ...] for js if partitions[js] == i])

data.shapepartitions.shape始まる必要があります。

例えば:

    # Scalar partitions.
    partitions = 1
    num_partitions = 2
    data = [10, 20]
    outputs[0] = []  # Empty with shape [0, 2]
    outputs[1] = [[10, 20]]

    # Vector partitions.
    partitions = [0, 0, 1, 1, 0]
    num_partitions = 2
    data = [10, 20, 30, 40, 50]
    outputs[0] = [10, 20, 50]
    outputs[1] = [30, 40]

パーティションをマージして戻す方法の例については、 dynamic_stitchを参照してください。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • パーティション:任意の形状。 [0, num_partitions)範囲のインデックス。
  • num_partitions:出力するパーティションの数。

戻り値:

  • OutputList :出力テンソル。

コンストラクタとデストラクタ

DynamicPartition (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input data, :: tensorflow::Input partitions, int64 num_partitions)

パブリック属性

operation
outputs

公の行事

operator[] (size_t index) const

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::OutputList outputs

公の行事

DynamicPartition

 DynamicPartition(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input data,
  ::tensorflow::Input partitions,
  int64 num_partitions
)

オペレーター[]

::tensorflow::Output operator[](
  size_t index
) const