日付を保存! Google I / Oが5月18日から20日に戻ってきます今すぐ登録
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: SparseMatMul

#include <math_ops.h>

行列「a」に行列「b」を掛けます。

概要

入力は2次元行列である必要があり、「a」の内部次元は「b」の外部次元と一致する必要があります。 「a」と「b」はどちらもSparseTensorなくTensor必要があります。この操作は、「a」または「b」の少なくとも1つがスパースである場合に最適化されており、ゼロ値の割合が大きいという意味です。これを1つのプラットフォームで密行列乗算に対して使用した場合の損益分岐点は、疎行列では30%のゼロ値でした。

この操作の勾配計算では、入力勾配がReluからのものである場合にのみ、その勾配のスパース性を利用します。

引数:

戻り値:

  • Output :積テンソル。

コンストラクタとデストラクタ

SparseMatMul (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input a, :: tensorflow::Input b)
SparseMatMul (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input a, :: tensorflow::Input b, const SparseMatMul::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation
product

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

AIsSparse (bool x)
BIsSparse (bool x)
TransposeA (bool x)
TransposeB (bool x)

構造体

tensorflow :: ops :: SparseMatMul :: Attrs

SparseMatMulのオプションの属性セッター。

パブリック属性

操作

Operation operation

製品

::tensorflow::Output product

公の行事

SparseMatMul

 SparseMatMul(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input a,
  ::tensorflow::Input b
)

SparseMatMul

 SparseMatMul(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input a,
  ::tensorflow::Input b,
  const SparseMatMul::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

AIsSparse

Attrs AIsSparse(
  bool x
)

BIsSparse

Attrs BIsSparse(
  bool x
)

TransposeA

Attrs TransposeA(
  bool x
)

TransposeB

Attrs TransposeB(
  bool x
)