tensorflow :: ops :: StringSplitV2

#include <string_ops.h>

sepに基づくsource要素をSparseTensorます。

概要

Nをソースのサイズとします(通常、Nはバッチサイズになります)。 sep基づいてsource各要素を分割し、分割されたトークンを含むSparseTensorを返します。空のトークンは無視されます。

たとえば、N = 2、source [0]は 'hello world'、source [1]は 'ab c'の場合、出力は

st.indices = [0, 0;
              0, 1;
              1, 0;
              1, 1;
              1, 2]
st.shape = [2, 3]
st.values = ['hello', 'world', 'a', 'b', 'c']
になります。

sepが指定されている場合、連続する区切り文字はグループ化されず、空の文字列を区切ると見なされます。例えば、ソース"1\<\>2\<\>\<\>3"の9月"\<\>"戻り["1", "2", "", "3"]sepがNoneまたは空の文字列の場合、連続する空白は単一の区切り文字と見なされ、文字列に先頭または末尾の空白がある場合、結果の開始端に空の文字列は含まれません。

上記の動作はPythonのstr.splitと一致することに注意してください。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • 入力: 1-D文字列Tensor 、分割する文字列。
  • sep: 0-D文字列Tensor 、区切り文字。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • maxsplit: intmaxsplit > 0場合、結果の分割の制限。

戻り値:

コンストラクタとデストラクタ

StringSplitV2 (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, :: tensorflow::Input sep)
StringSplitV2 (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, :: tensorflow::Input sep, const StringSplitV2::Attrs & attrs)

パブリック属性

indices
operation
shape
values

パブリック静的関数

Maxsplit (int64 x)

構造体

tensorflow :: ops :: StringSplitV2 :: Attrs

StringSplitV2のオプションの属性セッター。

パブリック属性

インデックス

::tensorflow::Output indices

操作

Operation operation

形状

::tensorflow::Output shape

::tensorflow::Output values

公の行事

StringSplitV2

 StringSplitV2(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  ::tensorflow::Input sep
)

StringSplitV2

 StringSplitV2(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  ::tensorflow::Input sep,
  const StringSplitV2::Attrs & attrs
)

パブリック静的関数

Maxsplit

Attrs Maxsplit(
  int64 x
)