MLコミュニティデーは11月9日です! TensorFlow、JAXからの更新のために私たちに参加し、より多くの詳細をご覧ください

tensorflow :: ops :: QuantizedMatMul :: Attrs

#include <math_ops.h>

QuantizedMatMulのオプションの属性セッター。

概要

パブリック属性

Tactivation_ = DT_QUINT8
DataType
Toutput_ = DT_QINT32
DataType
transpose_a_ = false
bool
transpose_b_ = false
bool

公の行事

Tactivation (DataType x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
この操作に続く活性化関数によって生成される出力のタイプ。
Toutput (DataType x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
デフォルトはDT_QINT32です。
TransposeA (bool x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
trueの場合、 aは乗算の前に転置されます。
TransposeB (bool x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
trueの場合、 bは乗算の前に転置されます。

パブリック属性

Tactivation_

DataType tensorflow::ops::QuantizedMatMul::Attrs::Tactivation_ = DT_QUINT8

Toutput_

DataType tensorflow::ops::QuantizedMatMul::Attrs::Toutput_ = DT_QINT32

transpose_a_

bool tensorflow::ops::QuantizedMatMul::Attrs::transpose_a_ = false

transpose_b_

bool tensorflow::ops::QuantizedMatMul::Attrs::transpose_b_ = false

公の行事

活性化

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::QuantizedMatMul::Attrs::Tactivation(
  DataType x
)

この操作に続く活性化関数によって生成される出力のタイプ。

デフォルトはDT_QUINT8です

出力

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::QuantizedMatMul::Attrs::Toutput(
  DataType x
)

デフォルトはDT_QINT32です。

TransposeA

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::QuantizedMatMul::Attrs::TransposeA(
  bool x
)

trueの場合、 aは乗算の前に転置されます。

デフォルトはfalse

TransposeB

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::QuantizedMatMul::Attrs::TransposeB(
  bool x
)

trueの場合、 bは乗算の前に転置されます。

デフォルトはfalse