Swift for TensorFlow

Swift for TensorFlowAPIドキュメントへようこそ。

Swift for TensorFlowは、機械学習、コンパイラ、微分可能プログラミング、システム設計などにわたる最新の研究を組み込んだ、機械学習のための次世代プラットフォームです。これは初期段階のプロジェクトです。フィーチャーコンプリートでもプロダクション対応でもありませんが、パイオニアがプロジェクトに挑戦し、フィードバックを提供し、未来を形作るのに役立つ準備ができています。

Swift for TensorFlowプロジェクトは現在、2種類のユーザーに焦点を当てています。

  1. 現在のMLフレームワークによって制限されている高度なML研究者。 Swift for TensorFlowの利点には、最新の汎用言語とのシームレスな統合が含まれ、より動的で洗練されたモデルが可能になります。高速抽象化は(C / C ++、別名「フレームワークスペース」ではなく)「ユーザースペース」で開発できるため、簡単にカスタマイズできるモジュラーAPIが得られます。

  2. 機械学習を始めたばかりのML学習者。 Swiftの高品質ツール(コンテキストアウェアオートコンプリートなど)のサポートのおかげで、Swift for TensorFlowは、機械学習の基礎を学び始めるための最も生産的な方法の1つになります。

Swift for TensorFlowの詳細(インストールと使用方法を含む)については、ドキュメントリポジトリにアクセスしてください。