Io Ops

概要

クラス

tensorflow :: ops :: FixedLengthRecordReader

ファイルから固定長レコードを出力するリーダー。

tensorflow :: ops :: IdentityReader

キューに入れられた作業をキーと値の両方として出力するリーダー。

tensorflow :: ops :: LMDBReader

LMDBファイルからレコードを出力するリーダー。

tensorflow :: ops :: MatchingFiles

1つ以上のglobパターンに一致するファイルのセットを返します。

tensorflow :: ops :: MergeV2Checkpoints

V2形式固有:シャーディングされたチェックポイントのメタデータファイルをマージします。

tensorflow :: ops :: ReadFile

入力ファイル名の内容全体を読み取って出力します。

tensorflow :: ops :: ReaderNumRecordsProduced

このリーダーが作成したレコードの数を返します。

tensorflow :: ops :: ReaderNumWorkUnitsCompleted

このリーダーが処理を終了した作業単位の数を返します。

tensorflow :: ops :: ReaderRead

Readerによって生成された次のレコード(キー、値のペア)を返します。

tensorflow :: ops :: ReaderReadUpTo

リーダーによって生成された最大num_records (キー、値)のペアを返します。

tensorflow :: ops :: ReaderReset

リーダーを初期のクリーンな状態に復元します。

tensorflow :: ops :: ReaderRestoreState

リーダーを以前に保存した状態に復元します。

tensorflow :: ops :: ReaderSerializeState

リーダーの状態をエンコードする文字列テンソルを生成します。

tensorflow :: ops ::復元

チェックポイントファイルからテンソルを復元します。

tensorflow :: ops :: RestoreSlice

チェックポイントファイルからテンソルを復元します。

tensorflow :: ops :: RestoreV2

V2チェックポイントからテンソルを復元します。

tensorflow :: ops ::保存

入力テンソルをディスクに保存します。

tensorflow :: ops :: SaveSlices

入力テンソルスライスをディスクに保存します。

tensorflow :: ops :: SaveV2

テンソルをV2チェックポイント形式で保存します。

tensorflow :: ops :: ShardedFilename

シャーディングされたファイル名を生成します。

tensorflow :: ops :: ShardedFilespec

シャーディングされたすべてのファイル名に一致するグロブパターンを生成します。

tensorflow :: ops :: TFRecordReader

TensorFlowRecordsファイルからレコードを出力するリーダー。

tensorflow :: ops :: TextLineReader

'で区切られたファイルの行を出力するリーダー
'。

tensorflow :: ops :: WholeFileReader

ファイルの内容全体を値として出力するリーダー。

tensorflow :: ops :: WriteFile

入力ファイル名のファイルに内容を書き込みます。