モジュール用の共通の署名

概要

同じタスクのモジュールには共通の署名を実装し、モジュールの利用者が簡単に交換して問題に最適なモジュールを見つけられるようにする必要があります。

このディレクトリには、共通の署名の仕様を集めています。今後さらに多様なタスク用のモジュールが作成されるのに伴い、より充実したものになることが期待されます。

最も望ましいのは、共通の署名を使用することで、利用者がモジュールの内部について何も知らなくても、output = module(inputs) を呼び出しさえすればモジュールを活用できるようにすることです。活用にあたってなんらかの対応が必要になる場合は、それをカプセル化したライブラリ関数を提供し、署名とともにドキュメント化することをおすすめします。

いずれの場合も、同じタスク用のモジュールを交換することが、文字列値のハイパーパラメータを切り替えるのと同じくらい簡単であることが望まれます。

署名