モデルの形式

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

tfhub.dev は、SavedModel、TF1 Hub 形式、TF.js、および TFLite のモデル形式をホストします。このページでは、各モデル形式の概要を説明します。

TensorFlow 形式

tfhub.dev は SavedModel 形式と TF1 Hub 形式で TensorFlow モデルをホストします。可能な限り、使用廃止となった TF1 Hub 形式ではなく、標準の SavedModel 形式でモデルを使用することをお勧めします。

SavedModel

SavedModel は、TensorFlow モデルを共有する際の推奨形式です。SavedModel 形式の詳細については、TensorFlow SavedModel ガイドをご覧ください。

tfhub.dev の参照ページで TF2 バージョンフィルタを使用するか、こちらのリンクに従って、tfhub.dev の SavedModel を参照できます。

この形式は TensorFlow のコアの一部であるため、tfhub.dev の SavedModel を tensorflow_hub ライブラリに依存せずに使用することができます。

SavedModel については、TF Hub でさらにご覧ください。

TF1 Hub 形式

TF1 Hub 形式は、TF Hub ライブラリで使用されるカスタムシリアル化形式です。TF1 Hub 形式は、TensorFlow 1 の SavedModel 形式と構文レベルで似ていますが(同じファイル名とプロトコルメッセージ)、セマンティックレベルでは、モジュールの再利用、合成および再トレーニングが可能という点で異なります(リソースイニシャライザのストレージが異なる、メタグラフのタグ規則が異なるなど)。ディスク上で区別するには、tfhub_module.pbファイルの有無を確認することが最も簡単です。

tfhub.dev の参照ページで TF1 バージョンフィルタを使用するか、こちらのリンクに従って、tfhub.dev の TF1 Hub 形式のモデルを参照できます。

TF1 Hub 形式のモデルについては、さらに TF Hub でご覧ください。

TFLite 形式

TFLite 形式は、オンデバイス推論で使用されます。詳細は、TFLite ドキュメントをご覧ください。

tfhub.dev の参照ページで TF Lite モデル形式フィルタを使用するか、こちらのリンクに従って、tfhub.dev の TF Lite モデルを参照できます。

TFJS 形式

TF.js 形式は、インブラウザ ML に使用されます。詳細については、TF.js ドキュメントをご覧ください。

tfhub.dev の参照ページで TF.js モデル形式フィルタを使用するか、こちらのリンクに従って、tfhub.dev の TF.js モデルを参照できます。