TensorFlow 2.0 RC is available Learn more

TensorFlow 2.0 ベータ版

TensorFlow 2.0 ではシンプルさと使いやすさが重視されており、積極的実行(Eager Execution)、直感的に使用できる高レベルの API、あらゆるプラットフォームで構築可能な柔軟なモデルなどが新たに導入されています。まずは、初心者向けノートブックのチュートリアルと Effective TensorFlow 2.0 ガイドをご覧ください。次のコマンドを使用して、TensorFlow 2.0 ベータ版のプレビュー パッケージをインストールします。

 pip install tensorflow==2.0.0-beta0 

CUDA® 対応のカードについては、GPU ガイドをご覧ください。また、TensorFlow 2.0 コミュニティのテストに関するよくある質問に、互換性や移行に関する詳細な説明が記載されています。

初心者向け

まずは、わかりやすいシーケンシャル API を使用することをおすすめします。構成要素をつなぎ合わせてモデルを作成します。
この「Hello World」の例を実行してから、ガイドとチュートリアルで詳細をご確認ください。

エキスパート向け

サブクラス化 API は、高度な研究に適した Define-by-Run インターフェースを提供します。モデル用のクラスを作成してから、フォワードパスを命令的に記述します。カスタムレイヤ、アクティベーション、トレーニング ループは簡単に記述できます。
この「Hello World」の例を実行してから、ガイドとチュートリアルで詳細をご確認ください。

TensorFlow 2.0 の今後の予定

TensorFlow 2.0 では、シンプルさと使いやすさ(モデルの容易な構築、あらゆるプラットフォーム上の本番環境への堅牢なモデルのデプロイ、研究のための強力なテスト)が重視されます。

Keras での標準化: TensorFlow 2.0 の高レベル API に関するガイダンス

Keras を TensorFlow 用の高レベル API として使用することで、機械学習を初めて扱うデベロッパーでも簡単に TensorFlow を使ってみることができます。

TensorFlow への貢献: SIG、RFC、テスト、ドキュメント

TensorFlow の方向付けは常にコミュニティが行ってきました。Google は、新しいコミュニティ グループやプロセスによる数年間の素晴らしい貢献に基づいて事を進められることを嬉しく思っています。