このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

TensorFlow Serving APIリファレンス

tensorflow :: 奉仕

クラス

tensorflow :: serving :: AspiredVersionPolicy 配信可能なストリームで配信可能なバージョンを移行するために適用されるポリシーのインターフェース。
tensorflow :: serving :: AspiredVersionPolicy :: ServableAction アクションとそれに関連付けられたサーブブルのID。
tensorflow :: serving :: AspiredVersionsManager aspired-versionsコールバックを使用してロードするサービス可能なバージョンを指示するTarget < Loader > APIを実装するマネージャー。
tensorflow :: serving :: AspiredVersionsManager :: Options AspiredVersionsManagerによって使用される構成オプションとプラグイン可能なオブジェクト。
tensorflow :: serving :: AspiredVersionsManagerBuilder オプションとソースが接続されたAspiredVersionsManagerを構築します。
tensorflow :: serving :: BasicManager サーブブルのロード、サーブ、アンロードなど、ライフサイクルの管理に役立ちます。
tensorflow :: serving :: BasicManager :: Options BasicManagerによって使用される構成オプションとプラグイン可能なオブジェクト。
tensorflow :: serving :: CachingManager サービスをオンデマンドで管理およびロードするマネージャー。
tensorflow :: serving :: CachingManager :: LoaderFactory ローダーファクトリがサービス可能なリクエストから対応するローダーにマップするための抽象化。
tensorflow :: serving :: CachingManager :: Options CachingManagerによって使用される構成オプションとプラグイン可能なオブジェクト。
tensorflow :: serving :: ClassifierInterface 分類を実行するためのモデルタイプに依存しないインターフェース。
tensorflow :: serving :: FileSystemStoragePathSource 指定された一連のサービスのバージョンを要求するストレージパスソース。
tensorflow :: serving :: Loader オブジェクトのロードおよびアンロードを含む、サーブブルのライフサイクルを管理するオブジェクトの標準化された抽象化。
tensorflow :: serving :: LoaderHarness LoaderHarnessは、 Loaderを所有している間、 ManagerLoaderを保持し、 ローダーと通信するために使用するウィジェットです。
tensorflow :: serving :: LoaderHarness :: Options LoaderHarnessを構成するオプション
tensorflow :: serving :: Manager Managerは、ローダーを介したすべてのServableオブジェクトのロード、アンロード、ルックアップ、およびライフタイム管理を担当します。
tensorflow :: serving :: PathPrefixLoaderFactory 固定パスの接頭辞とサービス名を連結して形成されたパスでサービスを検索する単純なLoaderFactory。
tensorflow :: serving :: RegressorInterface 回帰を実行するためのモデルにとらわれないインターフェース。
tensorflow :: serving :: ResourceUnsafeLoader リソースに気付かないローダー
tensorflow :: serving :: SavedModelBundleFactory SavedModelまたはSessionBundleエクスポートパスからSavedModelBundlesを作成するファクトリ。
tensorflow :: serving :: ServableHandle Loaderから取得した、基盤となるサービス可能オブジェクトTへのスマートポインタ。
tensorflow :: serving :: ServableStateMonitor EventBus <ServableState>をリッスンし、バス上で言及されている各サーブブルの状態を追跡するユーティリティ。
tensorflow :: serving :: ServerCore ServerCoreには、複数のインターフェイスをサポートするModelServerの構築を可能にする状態およびヘルパーメソッドが含まれています。
tensorflow :: serving :: ServerCore :: Options ServerCoreオブジェクトを構成するためのオプション
tensorflow :: serving :: ServingSession Close()などの状態変更メソッドをブロックし、Run()に読み取り専用アクセスを許可する(強制されない)セッション。
tensorflow :: serving :: ServingSessionWrapper 特定のセッションをラップし、Run()以外のすべての呼び出しをブロックするServingSession
tensorflow :: serving :: SharedPtrHandle Shared_ptrを使用してServableを所有するローダーで参照カウントを行うUntypedServableHandleの実装。
tensorflow :: serving :: Source ロードするサービスをソーシングする、またはより正確には、サービスをロードするために使用できるデータを処理するモジュールの抽象化。
tensorflow :: serving :: SourceAdapter タイプInputTypeのデータを持つバージョンのコールバックを受け取り、それらをタイプOutputTypeのデータを持つ呼び出しに変換するモジュールの抽象化。
tensorflow :: serving :: UntypedServableHandle Loaderから型消去されたサービス可能なオブジェクトを取得するためにManagerの内部で使用される、サービス可能なテンプレート化されていないハンドル。

構造

tensorflow :: serving :: AspiredServableStateSnapshot サーブブルの状態と意欲のスナップショット。
tensorflow :: serving :: ServableRequest 特定のロードされたサービス可能なオブジェクトのクエリ。