Google I / Oが5月18〜20日に戻ってきます。スペースを予約してスケジュールを作成する今すぐ登録する
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

アレイオペレーション

概要

クラス

tensorflow :: ops :: BatchToSpace

タイプTの4DテンソルのBatchToSpace

tensorflow :: ops :: BatchToSpaceND

タイプTのNDテンソルのBatchToSpace

tensorflow :: ops ::ビットキャスト

データをコピーせずに、あるタイプから別のタイプにテンソルをビットキャストします。

tensorflow :: ops :: BroadcastDynamicShape

ブロードキャストでs0ops1の形状を返します。

tensorflow :: ops :: BroadcastTo

互換性のある形状の配列をブロードキャストします。

tensorflow :: ops :: CheckNumerics

NaN値とInf値のテンソルをチェックします。

tensorflow :: ops :: Concat

1次元に沿ってテンソルを連結します。

tensorflow :: ops :: ConjugateTranspose

順列に従ってxの次元をシャッフルし、結果を活用します。

tensorflow :: ops :: DebugGradientIdentity

勾配デバッグ用のID操作

tensorflow :: ops :: DebugGradientRefIdentity

勾配デバッグ用のID操作

tensorflow :: ops :: DeepCopy

xコピーを作成します。

tensorflow :: ops :: DepthToSpace

タイプTのテンソルのDepthToSpace

tensorflow :: ops :: Dequantize

'入力'テンソルをfloatテンソルに非量子化します。

tensorflow :: ops :: Diag

指定された対角値を持つ対角テンソルを返します。

tensorflow :: ops :: DiagPart

テンソルの対角部分を返します。

tensorflow :: ops :: EditDistance

(おそらく正規化された)レーベンシュタイン編集距離を計算します。

tensorflow :: ops :: Empty

指定された形状のテンソルを作成します。

tensorflow :: ops :: EnsureShape

テンソルの形状が予想される形状と一致することを確認します。

tensorflow :: ops :: ExpandDims

テンソルの形状に1の次元を挿入します。

tensorflow :: ops :: ExtractImagePatches

imagesからpatchesを抽出し、それらを「深度」出力ディメンションに配置します。

tensorflow :: ops :: ExtractVolumePatches

inputからpatchesを抽出し、それらを「深度」出力ディメンションに配置します。

tensorflow :: ops :: FakeQuantWithMinMaxArgs

偽-'入力'テンソルを量子化し、floatと同じタイプの '出力'テンソルと入力します。

tensorflow :: ops :: FakeQuantWithMinMaxArgsGradient

FakeQuantWithMinMaxArgs操作の勾配を計算します。

tensorflow :: ops :: FakeQuantWithMinMaxVars

グローバルfloatスカラーmin介してfloat型の「入力」テンソルを偽量子化する

tensorflow :: ops :: FakeQuantWithMinMaxVarsGradient

FakeQuantWithMinMaxVars操作の勾配を計算します。

tensorflow :: ops :: FakeQuantWithMinMaxVarsPerChannel

偽-float型の '入力'テンソルと形状の1つを定量化します: [d] 、。

tensorflow :: ops :: FakeQuantWithMinMaxVarsPerChannelGradient

FakeQuantWithMinMaxVarsPerChannel操作の勾配を計算します。

tensorflow :: ops :: Fill

スカラー値で満たされたテンソルを作成します。

tensorflow :: ops ::フィンガープリント

フィンガープリント値を生成します。

tensorflow :: ops :: Gather

収集からスライスをparamsに従ってindices

tensorflow :: ops :: GatherNd

paramsからindices指定された形状のTensorにスライスを 収集indices

tensorflow :: ops :: GatherV2

indicesに従ってparamsaxisからスライスを 収集indices

tensorflow :: ops :: GuaranteeConst

入力テンソルが定数であることをTFランタイムに保証します。

tensorflow :: ops :: Identity

入力テンソルまたは値と同じ形状と内容のテンソルを返します。

tensorflow :: ops :: IdentityN

入力と同じ形状と内容のテンソルのリストを返します。

tensorflow :: ops :: ImmutableConst

メモリ領域から不変のテンソルを返します。

tensorflow :: ops :: InplaceAdd

xの指定された行にvを追加します。

tensorflow :: ops :: InplaceSub

x指定された行にvを減算します。

tensorflow :: ops :: InplaceUpdate

指定された行をv値で更新します。

tensorflow :: ops :: InvertPermutation

テンソルの逆順列を計算します。

tensorflow :: ops :: MatrixBandPart

各最も内側の行列の中央バンドの外側にあるすべてを設定するテンソルをコピーします。

tensorflow :: ops :: MatrixDiag

指定されたバッチ対角値を持つバッチ対角テンソルを返します。

tensorflow :: ops :: MatrixDiagPart

バッチテンソルのバッチ対角部分を返します。

tensorflow :: ops :: MatrixDiagPartV2

バッチテンソルのバッチ対角部分を返します。

tensorflow :: ops :: MatrixDiagV2

指定されたバッチ対角値を持つバッチ対角テンソルを返します。

tensorflow :: ops :: MatrixSetDiag

新しいバッチ対角値を持つバッチ行列テンソルを返します。

tensorflow :: ops :: MatrixSetDiagV2

新しいバッチ対角値を持つバッチ行列テンソルを返します。

tensorflow :: ops :: MirrorPad

ミラーリングされた値でテンソルをパディングします。

tensorflow :: ops :: OneHot

ワンホットテンソルを返します。

tensorflow :: ops :: OnesLike

xと同じ形状と型のテンソルを返します。

tensorflow :: ops :: Pad

テンソルをゼロで埋めます。

tensorflow :: ops :: PadV2

テンソルを埋めます。

tensorflow :: ops :: ParallelConcat

最初の次元に沿ってNテンソルのリストを連結します。

tensorflow :: ops ::プレースホルダー

計算に入力される値のプレースホルダーop。

tensorflow :: ops :: PlaceholderWithDefault

出力が供給されていないときにinputを通過するプレースホルダーop。

tensorflow :: ops :: PreventGradient

勾配が要求された場合にエラーをトリガーするID操作。

tensorflow :: ops :: QuantizeAndDequantizeV2

次に、テンソルを量子化し、非量子化します。

tensorflow :: ops :: QuantizeAndDequantizeV3

次に、テンソルを量子化し、非量子化します。

tensorflow :: ops :: QuantizeV2

タイプfloatの「入力」テンソルをタイプ「T」の「出力」テンソルに量子化します。

tensorflow :: ops :: QuantizedConcat

量子化されたテンソルを1つの次元に沿って連結します。

tensorflow :: ops :: QuantizedInstanceNorm

量子化されたインスタンスの正規化。

tensorflow :: ops :: SetDiff1D

数値または文字列の2つのリスト間の差を計算します。

tensorflow :: ops :: Stack

NランクRテンソルのリストを1つのランク- (R+1)テンソルにパックします。

tensorflow :: ops ::ここで

Reshape opに従って、量子化されたテンソルを再形成します。

tensorflow :: ops :: ZerosLike

xと同じ形状と型のゼロのテンソルを返します。