このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

オペランド

パブリックインターフェイスオペランド
既知の間接サブクラス

TensorFlow演算のオペランドによって実装されるインターフェース。

使用例:

 // The "decodeJpeg" operation can be used as an operand to the "cast" operation
 Operand<UInt8> decodeJpeg = ops.image().decodeJpeg(...);
 ops.math().cast(decodeJpeg, DataType.FLOAT);

 // The output "y" of the "unique" operation can be used as an operand to the "cast" operation
 Output<Integer> y = ops.array().unique(...).y();
 ops.math().cast(y, Float.class);

 // The "split" operation can be used as operand list to the "concat" operation
 Iterable<? extends Operand<Float>> split = ops.array().split(...);
 ops.array().concat(0, split);
  

パブリックメソッド

抽象出力 <T>
asOutput ()
テンソルの記号ハンドルを返します。

パブリックメソッド

パブリック抽象出力 <T> asOutput ()

テンソルの記号ハンドルを返します。

TensorFlowオペレーションへの入力は、別のTensorFlowオペレーションの出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

こちらもご覧ください