このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.Operation

TensorFlow 1つのバージョン GitHubの上のソースを表示

テンソルに演算を行うグラフノードを表します。

AN Operation中のノードであるtf.Graphゼロをとる以上Tensor 、入力としてオブジェクト、およびゼロを産生以上Tensor出力などのオブジェクト。タイプのオブジェクトOperation (例えば、PythonのOPコンストラクタを呼び出すことによって作成されtf.matmul以内) tf.function又は下tf.Graph.as_defaultコンテキストマネージャ。

例えば、内tf.functionc = tf.matmul(a, b)作成Operationテンソルかかるタイプの「MATMUL」とa b入力として、及び生産c出力としてあります。

場合tf.compat.v1.Session使用され、 Operationtf.Graphそれを通過させることによって実行することができるtf.Session.runop.run()を呼び出すためのショートカットですtf.compat.v1.get_default_session().run(op)

node_def node_def_pb2.NodeDefNodeDefためのOperation 。属性に使用node_def_pb2.NodeDef 、通常nameop 、およびdeviceinputモデルを生成するとき、それが計算されるように、属性は、ここでは関係ありません。
g Graph 。親グラフ。
inputs リストTensorオブジェクト。これへの入力Operation
output_types リストDTypeオブジェクト。種類の一覧Tensorsこの操作によって計算。このリストの長さは、出力エンドポイントの数を示すOperation
control_inputs 制御依存関係を持つことから、操作やテンソルのリスト。
input_types 一覧DTypeで受け入れテンソルの種類表すオブジェクトOperation 。デフォルトの使用により、 [x.dtype.base_dtype for x in inputs]参照型指定された入力を期待する操作は、明示的にこれらを指定する必要があります。
original_op オプション。新しい関連付けるために使用するOperation 、既存でOperation (例えば、複製されたOPとレプリカ)。
op_def オプション。 op_def_pb2.OpDefこのことをオペアンプの種類について説明しプロトOperation表しています。

TypeError 制御入力は、操作またはテンソルではない場合、または場合node_defないNodeDef場合、またはgないGraph場合、またはinputsテンソルでない場合、またはinputsinput_types互換性がありません。
ValueError 場合node_def名前は有効ではありません。

control_inputs Operationこのオペアンプは、制御依存関係を持っている上のオブジェクト。

このオペレーションを実行する前に、TensorFlowはで操作することを保証しますself.control_inputs実行を終了しました。このメカニズムは、パフォーマンス上の理由から、順次オペレーションを実行する、またはOPの副作用が正しい順序で観察されていることを確認するために使用することができます。

device いずれかの場合には、このオペアンプは、割り当てられているデバイスの名前。
graph Graphこの操作が含まれています。
inputs 一連のTensorこのオペレーションのデータ入力を表すオブジェクト。
name この操作の完全な名前。
node_def 返しNodeDefこの操作の表現を。
op_def 返しOpDefこのオペアンプの種類を表すプロトを。
outputs リストTensorこのオペアンプの出力を表すオブジェクト。
traceback この操作が構築されたときからのコールスタックを返します。
type OP(例えばのタイプ"MatMul" )。

メソッド

colocation_groups

ソースを表示

OPのコロケーション・グループのリストを返します。

get_attr

ソースを表示

与えられたと、このオペアンプのATTRの値を返しますname

引数
name ATTRの名前をフェッチします。

戻り値
PythonオブジェクトとしてATTRの値、。

発生させます
ValueError このオペレーションは、与えられたとのattrがない場合はname

run

ソースを表示

この操作はで実行しますSession

このメソッドを呼び出すと、この操作に必要な入力を生成するすべての先行動作を実行します。

引数
feed_dict マップする辞書Tensorフィード値にオブジェクトを。参照tf.Session.run有効なフィード値の説明について。
session (オプション。) Sessionこの操作を実行するために使用されます。なした場合、デフォルトのセッションが使用されます。

values

ソースを表示

非推奨:使用して出力します。