このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.broadcast_to

TensorFlow 1つのバージョン

互換性のある形状の配列をブロードキャストします。

ノートPCで使用されます

ガイドで使用チュートリアルで使用されます

放送は、算術演算のために互換性のある形状を有するようにアレイを製造する方法です。各次元のペアのため、彼らはどちらか等しい場合、2つの形状は、互換性があるか、またはそれらのいずれかは1です。形状にテンソルを放送しようとすると、それは末尾の寸法で始まり、そして前方にそのように動作します。

例えば、

x = tf.constant([1, 2, 3])
y = tf.broadcast_to(x, [3, 3])
print(y)
tf.Tensor(
    [[1 2 3]
     [1 2 3]
     [1 2 3]], shape=(3, 3), dtype=int32)

上記の例では、形状と入力テンソル[1, 3]の形で出力テンソルにブロードキャストされている[3, 3]

そのようなスカラーでテンソルを掛けるなど放送業務を行うときに放送テンソルは、マテリアライズされることはありませんように、(通常は)放送することは、いくつかの時間やスペース上の利益を与えます。

しかし、 broadcast_toそれをどのような利益を運ぶことはありません。新しく作成されたテンソルは、放送形状の完全な記憶をとります。 (グラフの文脈では、 broadcast_toしかし、離れて最適化され、その後の操作に融合している可能性があります。)

input A Tensor 。放送にAテンソル。
shape A Tensor 。 :次のいずれかのタイプでなければなりませんint32int64 。 1-Dのintテンソル。所望の出力の形状。
name 操作の名前(オプション)。

A Tensor 。同じ型を持つinput