このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.compat.v1.ReaderBase

GitHubの上のソースを表示

レコードのすべてのステップを生成異なるリーダーのタイプ、のための基本クラス。

概念的には、読者はレコードに(キー、値のペアを)文字列「作業単位」を変換します。一般的に「作業単位は、」ファイル名とレコードは、これらのファイルの内容から抽出されています。私たちは、ステップごとに生成単一のレコードをしたいが、作業単位は、多くのレコードに対応することができます。

そこで我々は、キューを使用して、いくつかのデカップリングをご紹介します。キューは、作業単位が含まれており、読者は(リードを経由して())レコードを作成するように求められますが、それは最後の作業単位が終了したときに、キューからデキューします。

reader_ref リーダーを実装して操作。
supports_serialize リーダーの実装は、その状態をシリアル化できる場合はTrue。

RuntimeError 熱心な実行が有効になっている場合。

イーガーの互換性

読者は熱心な実行と互換性がありません。代わりに、使用してくださいtf.dataモデルにデータを取得します。

reader_ref リーダーを実装してオペアンプ。
supports_serialize リーダーの実装は、その状態をシリアル化できるかどうか。

メソッド

num_records_produced

ソースを表示

この読者が生産しているレコードの数を返します。

これが成功した読み取りの実行の数と同じです。

引数
name 操作の名前(オプション)。

戻り値
int64型テンソル。

num_work_units_completed

ソースを表示

この読者が完成し、処理を持っている作業単位の数を返します。

引数
name 操作の名前(オプション)。

戻り値
int64型テンソル。

read

ソースを表示

リーダによって生成される次のレコード(キー、値)ペアを返します。

キューからの作業単位をデキューする場合は必要に応じて(例えばリーダーは、それが前のファイルを終えたので、新しいファイルからの読み込みを開始する必要がある場合)。

引数
queue Aキューまたは文字列の作業項目とキューへのハンドルを表す可変文字列テンソル、。
name 操作の名前(オプション)。

戻り値
テンソルのタプル(キー、値)。
key テンソルスカラー文字列。
value テンソルスカラー文字列。

read_up_to

ソースを表示

num_records(キー、値)リーダによって生成される対まで戻ります。

必要に応じて(例えば、リーダーはそれが前のファイルを終えたので、新しいファイルからの読み込みを開始する必要がある場合)は、キューからの作業単位をデキューします。それも、最後のバッチの前にnum_records未満を返す場合があります。

引数
queue Aキューまたは文字列の作業項目とキューへのハンドルを表す可変文字列テンソル、。
num_records 読みするレコードの数。
name 操作の名前(オプション)。

戻り値
テンソル(キー、値)の組。
keys 1-D列テンソル。
values 1-D列テンソル。

reset

ソースを表示

その初期クリーンな状態に読者を復元します。

引数
name 操作の名前(オプション)。

戻り値
作成した操作。

restore_state

ソースを表示

以前に保存した状態に読者を復元します。

これは未実装エラーを生成することができますので、すべてではない読者は、復元されてサポートしています。

引数
state 文字列テンソル。マッチング型のリーダーのSerializeStateの結果。
name 操作の名前(オプション)。

戻り値
作成した操作。

serialize_state

ソースを表示

リーダーの状態を符号化する文字列テンソルを生成します。

これは未実装エラーを生成することができますので、すべてではない読者は、連載されているサポートしています。

引数
name 操作の名前(オプション)。

戻り値
文字列テンソル。