このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.compat.v1.arg_max

テンソルの寸法間の最大値でインデックスを返します。

ネクタイの場合は、戻り値の身元が保証されないことに注意してください。

使用法:

 import tensorflow as tf
a = [1, 10, 26.9, 2.8, 166.32, 62.3]
b = tf.math.argmax(input = a)
c = tf.keras.backend.eval(b)
# c = 4
# here a[4] = 166.32 which is the largest element of a across axis 0
 

input A Tensor 。 :次のいずれかのタイプでなければならないfloat32float64int32uint8int16int8complex64int64qint8quint8qint32bfloat16uint16complex128halfuint32uint64bool
dimension A Tensor 。 :次のいずれかのタイプでなければなりませんint32int64 。 INT32またはInt64のは、範囲内になければならない[-rank(input), rank(input)) 。全体の削減に入力テンソルのどの次元を記述します。ベクトル、= 0を使用ディメンションの。
output_type オプションtf.DTypeから: tf.int32, tf.int64 。デフォルトはtf.int64
name 操作の名前(オプション)。

A Tensor型のoutput_type