このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.compat.v1.placeholder

GitHubの上のソースを表示

常に供給されるテンソルのプレースホルダを挿入します。

ノートPCで使用されます

チュートリアルで使用されます

例えば:

 x = tf.compat.v1.placeholder(tf.float32, shape=(1024, 1024))
y = tf.matmul(x, x)

with tf.compat.v1.Session() as sess:
  print(sess.run(y))  # ERROR: will fail because x was not fed.

  rand_array = np.random.rand(1024, 1024)
  print(sess.run(y, feed_dict={x: rand_array}))  # Will succeed.
 

dtype テンソルの要素のタイプが供給されます。
shape 供給されるテンソルの形状(オプション)。形状が指定されていない場合は、任意の形状のテンソルを養うことができます。
name 操作の名前(オプション)。

A Tensor値を供給するためのハンドルとして使用されるが、直接評価されなくてもよいです。

RuntimeError 熱心な実行が有効になっている場合

イーガーの互換性

プレースホルダは、熱心な実行と互換性がありません。