このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.debugging.assert_less_equal

TensorFlow 1つのバージョン GitHubの上のソースを表示

条件アサートx <= y要素ごとに保持します。

すなわち、このオペアンプチェックx[i] <= y[i]の(おそらく放送)の要素のすべての対について成り立つx及びy 。両方の場合xおよびy空であり、これは自明に満たされます。

場合x小さくないか、と等しいy要素単位、 message 、ならびに第一summarizeのエントリxy印刷され、そしてInvalidArgumentError上昇します。

x 数値Tensor
y 数値Tensor 、同じようDTYPEとするbroadcastable x
message デフォルトのメッセージを先頭に付加する文字列。
summarize 各テンソルのこの多くのエントリを表示します。
name この操作の名前(オプション)。 「assert_less_equal」にデフォルト設定。

上げるOP InvalidArgumentError場合x <= y偽です。これは、一緒に使用することができるtf.control_dependenciesの内部tf.functionチェックが実行されるまで追跡計算をブロックするために、S。

InvalidArgumentError チェックを行うことができれば直ちにx <= y偽です。チェックが熱心実行中に即座に行うことができる場合、またはxおよびy 、静的に知られています。

イーガーの互換性

戻りなし