このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.dtypes.DType

TensorFlow 1つのバージョン GitHubの上のソースを表示

内の要素の種類を表すTensor

DTypeオブジェクトが定義されています。

  • tf.float16 :16ビット半精度浮動小数点。
  • tf.float32 :32ビット単精度浮動小数点。
  • tf.float64 :64ビットの倍精度浮動小数点。
  • tf.bfloat16 :16ビット浮動小数点を切り捨て。
  • tf.complex64 :64ビット単精度複合体。
  • tf.complex128 :128ビットの倍精度複素数。
  • tf.int8 :8ビット符号付き整数。
  • tf.uint8 :8ビットの符号なし整数。
  • tf.uint16 :16ビット符号なし整数。
  • tf.uint32 :32ビット符号なし整数。
  • tf.uint64 :64ビット符号なし整数。
  • tf.int16 :16ビット符号付き整数。
  • tf.int32 :32ビット符号付き整数。
  • tf.int64 :64ビット符号付き整数。
  • tf.bool :ブール。
  • tf.string :文字列。
  • tf.qint8 :量子化8ビット符号付き整数。
  • tf.quint8 :量子化8ビットの符号なし整数。
  • tf.qint16 :量子化16ビット符号付き整数。
  • tf.quint16 :量子化16ビットの符号なし整数。
  • tf.qint32 :量子化32ビット符号付き整数。
  • tf.resource :可変リソースへのハンドル。
  • tf.variant :任意のタイプの値。

tf.as_dtype()関数は、にnumpyの種類と文字列型の名前を変換DTypeオブジェクト。

as_datatype_enum 戻り値types_pb2.DataTypeこのデータ型に基づいて列挙値。
as_numpy_dtype Pythonの戻り値typeこれに基づいてオブジェクトDType
base_dtype 戻り値非参照DTypeこれに基づいてDType
is_bool これはブールデータ型であるかどうかを返します。
is_complex これは、複雑な浮動小数点型であるかどうかを返します。
is_floating これは(非量子化、本当の)浮動小数点型であるかどうかを返します。
is_integer これは(非量子化された)整数型であるかどうかを返します。
is_numpy_compatible このデータ型が互換性のnumpyのデータ型を持っているかどうかを返します。
is_quantized これは、量子化されたデータ型であるかどうかを返します。
is_unsigned このタイプが符号なしであるかどうかを返します。

非数値、順不同、および量子化された型は、符号なしとみなされ、この関数から復帰していないFalse

limits 戻り強度の限界、すなわち

DTYPEの(MIN、MAX)タプル。引数:clip_negative:BOOL、任意Trueの場合、画像DTYPEが負の値を可能にする場合でも、負の範囲(最小強度のために、すなわちリターン0)をクリップ。戻り値は、MAX、MIN:タプル下と上強度の限界。

max このデータ型で表現可能な最大値を返します。
min このデータ型の最小表現可能な値を返します。
name

real_dtype 返しDTypeこれに対応するDTypeの実数部。
size

メソッド

is_compatible_with

ソースを表示

trueを返した場合other DTYPEはこのDTYPEに変換されます。

次のように変換規則は、次のとおりです。

 DType(T)       .is_compatible_with(DType(T))        == True
 

引数
other A DType (またはに変換することができるオブジェクトDType )。

戻り値
真のテンソルならばother DType暗黙的にこれに変換されますDType

__eq__

ソースを表示

このDTYPE場合はtrueを返しますが同じタイプを指しother

__ne__

ソースを表示

trueを返しますIFFの自己!=他。