このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.image.psnr

TensorFlow 1つのバージョン GitHubの上のソースを表示

aとbの間にピーク信号対雑音比を返します。

ノートPCで使用されます

チュートリアルで使用されます

これは、信号(または画像)上で使用されることを意図しています。バッチ内の各画像のPSNR値を生成します。

入力の最後の3次元は[高さ、幅、深さ]であることが期待されます。

例:

     # Read images from file.
    im1 = tf.decode_png('path/to/im1.png')
    im2 = tf.decode_png('path/to/im2.png')
    # Compute PSNR over tf.uint8 Tensors.
    psnr1 = tf.image.psnr(im1, im2, max_val=255)

    # Compute PSNR over tf.float32 Tensors.
    im1 = tf.image.convert_image_dtype(im1, tf.float32)
    im2 = tf.image.convert_image_dtype(im2, tf.float32)
    psnr2 = tf.image.psnr(im1, im2, max_val=1.0)
    # psnr1 and psnr2 both have type tf.float32 and are almost equal.
 

a 画像の最初のセット。
b 第2の画像のセット。
max_val 画像のダイナミックレンジ(即ち、最大値と最小許容値との差)。
name 名前空間は、で計算を埋め込むことができます。

AとBとの間のスカラーPSNR。返されたテンソルは、型有しtf.float32と形状[BATCH_SIZE、1]。