このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.keras.activations.softmax

TensorFlow 1つのバージョン GitHubの上のソースを表示

ソフトマックスは、カテゴリ確率のベクトルに実ベクトルに変換します。

出力ベクトルの要素は、範囲(0、1)との和が1にされています。

各ベクトルは独立して処理されます。 axis入力軸引数セットは、関数に沿って適用されます。

結果は、確率分布として解釈される可能性があるため、ソフトマックスは、しばしば分類ネットワークの最後の層のための活性化として使用されます。

各ベクトルxのソフトマックスは、以下のように計算されるexp(x) / tf.reduce_sum(exp(x))

入力値が得られる確率の対数確率です。

x 入力テンソル。
axis 整数、ソフトマックス正規化が適用される軸。

テンソルは、ソフトマックス変換の出力は、(すべての値が1に非負と和です)。

ValueError ケースにdim(x) == 1