このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.keras.backend.arange

TensorFlow 1つのバージョン GitHubの上のソースを表示

整数の配列を含む1次元テンソルを作成します。

関数の引数はTheanoのarangeと同じ規則を使用します。一つだけの引数が提供されている場合、それは実際には「停止」引数で、0である「スタート」。

返されたテンソルのデフォルトのタイプがある'int32' TensorFlowのデフォルトと一致します。

start 開始値。
stop ストップ値。
step 二つの連続する値の間の差。
dtype 使用する整数DTYPE。

整数テンソル。

例:

tf.keras.backend.arange(start=0, stop=10, step=1.5)
<tf.Tensor: shape=(7,), dtype=float32,
    numpy=array([0. , 1.5, 3. , 4.5, 6. , 7.5, 9. ], dtype=float32)>