このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.lookup.StaticHashTable

TensorFlow 1つのバージョン GitHubの上のソースを表示

初期化後は不変である一般的なハッシュテーブル。

ノートPCで使用されます

チュートリアルで使用されます

使用例:

 keys_tensor = tf.constant([1, 2])
vals_tensor = tf.constant([3, 4])
input_tensor = tf.constant([1, 5])
table = tf.lookup.StaticHashTable(
    tf.lookup.KeyValueTensorInitializer(keys_tensor, vals_tensor), -1)
print(table.lookup(input_tensor))
 

initializer テーブルの初期化に使用します。参照HashTableサポートのキーと値の型のカーネルを。
default_value キーがテーブルに欠落している場合に使用する値。
name 操作の名前(オプション)。

default_value テーブルのデフォルト値。
key_dtype テーブルキーのDTYPE。
name テーブルの名前。
resource_handle このリソースに関連付けられたリソースハンドルを返します。
value_dtype テーブル値DTYPE。

メソッド

export

ソースを表示

テーブル内のすべてのキーと値のテンソルを返します。

引数
name 操作の名前(オプション)。

戻り値
すべてのキーとテーブル内のすべての値を含む第二のテンソルを含む第一のテンソルとテンソルの対。

lookup

ソースを表示

ルックアップkeys 、テーブル内の対応する値を出力します。

default_valueテーブルに存在しないキーのために使用されています。

引数
keys キーはルックアップします。いずれであってもよいSparseTensorまたは密Tensor
name 操作の名前(オプション)。

戻り値
A SparseTensorキーがまばらであれば、そうでない密なTensor

発生させます
TypeError ときkeysまたはdefault_value 、テーブルのデータ型と一致していません。

size

ソースを表示

この表の要素の数を計算します。

引数
name 操作の名前(オプション)。

戻り値
このテーブル内の要素の数を含むスカラーテンソル。