このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.math.angle

TensorFlow 1つのバージョン GitHubの上のソースを表示

複雑な(または実数)テンソルの要素単位の引数を返します。

テンソル所与のinputは、この操作は、型のテンソル返しfloat内の各要素の引数であるinput複素数と考えています。

要素input実数部およびbは虚数部である(A + BJ \)\形式の複素数であると考えられます。場合はinput本当そしてbは定義上ゼロです。

この関数が返す引数の形式は\(ATAN2(B、)\)です。場合はinput本物である、すべてゼロのテンソルが返されます。

例えば:

 input = tf.constant([-2.25 + 4.75j, 3.25 + 5.75j], dtype=tf.complex64)
tf.math.angle(input).numpy()
# ==> array([2.0131705, 1.056345 ], dtype=float32)
 

input A Tensor 。 :次のいずれかのタイプでなければなりませんfloatdoublecomplex64complex128
name 操作の名前(オプション)。

A Tensor型のfloat32float64