このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.math.polyval

TensorFlow 1バージョン GitHubでソースを表示する

多項式の要素ごとの値を計算します。

xがテンソルでcoeffsがリストn + 1テンソルの場合、この関数はn次の多項式の値を返します

p(x)= coeffs [n-1] + coeffs [n-2] * x + ... + coeffs [0] * x **(n-1)

ホーナーの方法、すなわち

p(x)= coeffs [n-1] + x *(coeffs [n-2] + ... + x *(coeffs [1] + x * coeffs [0]))

使用例:

coefficients = [1.0, 2.5, -4.2]
x = 5.0
y = tf.math.polyval(coefficients, x)
y
<tf.Tensor: shape=(), dtype=float32, numpy=33.3>

使用例:

tf.math.polyval([2, 1, 0], 3) # evaluates 2 * (3**2) + 1 * (3**1) + 0 * (3**0)
<tf.Tensor: shape=(), dtype=int32, numpy=21>

tf.math.polyvalは、多項式回帰でも使用できます。この関数を利用すると、特に高次の多項式の場合、明示的に書き込むよりも多項式を簡単に記述できます。

x = tf.constant(3)
theta1 = tf.Variable(2)
theta2 = tf.Variable(1)
theta3 = tf.Variable(0)
tf.math.polyval([theta1, theta2, theta3], x)
<tf.Tensor: shape=(), dtype=int32, numpy=21>

coeffs 多項式の係数を表すTensorのリスト。
x 多項式の変数を表すTensor
name 操作の名前(オプション)。

要素ごとの加算と乗算の通常のブロードキャストルールが適用された式p(x)としての形状のtensor

Numpyの互換性

numpy.polyvalと同等です。