このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

モジュール:tf.ragged

TensorFlow 1つのバージョン

ラグドテンソル。

このパッケージは、不揃いテンソル(操作するためのオペレーションを定義tf.RaggedTensor不均一な形状を有するテンソルです)。具体的には、各RaggedTensorスライス異なる長さを有することができる寸法である1つ以上の不規則な寸法を有しています。例えば、内側(コラム)の寸法rt=[[3, 1, 4, 1], [], [5, 9, 2], [6], []]カラムスライス(以降、不揃いれるrt[0, :] 、...、 rt[4, :] )は、異なる長さを有します。ぼろぼろのテンソルの詳細については、を参照tf.RaggedTensorクラスのドキュメントとラギッドテンソルガイド

追加のオペレーションのサポートそのRaggedTensor

受け入れる引数RaggedTensor sが太字でマークされています。

関数

boolean_mask(...) :ブールマスクを適用しdataマスク寸法を平坦化せずに。

constant(...)ネストされたPythonのリストから定数RaggedTensorを構築します。

cross(...)テンソルのリストから特徴のクロスを生成します。

cross_hashed(...)テンソルのリストからハッシュされた機能のクロスを生成します。

map_flat_values(...)適用op一つ以上のRaggedTensorsの値に。

range(...)返しRaggedTensor番号の指定された配列を含有します。

row_splits_to_segment_ids(...) :RaggedTensorのに対応するセグメンテーションを生成しrow_splits

segment_ids_to_row_splits(...) :RaggedTensorの生成row_splitsセグメンテーションに対応します。

stack(...)スタックrank-のリストR 1 rank-にテンソル(R+1) RaggedTensor

stack_dynamic_partitions(...)テンソルまたはRaggedTensorのスタックの動的なパーティション。