このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.summary.write

GitHubの上のソースを表示

が存在する場合、デフォルトのSummaryWriterに、一般的な概要を書き込みます。

これは、スカラーのようなタイプ固有の要約OPS(の定義をサポートするために主に存在する)と画像()、および新しいタイプ固有の要約OPを定義しない限り、直接の使用のために意図されていません。

tag 文字列タグ(例えばTensorBoardで)要約を識別するために使用される、通常で生成tf.summary.summary_scope
tensor テンソルは、書き込みに要約データを保持するか、このテンソルを返す呼び出し可能。呼び出し可能が渡された場合SummaryWriterが存在し、デフォルトとによって指定された記録条件と、それだけで呼び出されますrecord_if()満たされています。
step 明示的なint64この要約のための-castable単調なステップ値。省略した場合、このデフォルトtf.summary.experimental.get_step() 、Noneになりませんしなければなりません。
metadata プロトまたはシリアル化されたバイト数などのオプションSummaryMetadata、
name このオペレーションのためのオプションの文字列名。

デフォルトサマリーライターは使用できなかったため何の概要が書かれていなかった場合は成功した場合にTRUE、またはfalse。

ValueError デフォルトの作家が存在しますが、何のステップが設けられていないとされた場合tf.summary.experimental.get_step() Noneです。