このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.RegisterGradient

TensorFlow 1つのバージョン GitHubの上のソースを表示

OPタイプに対して勾配関数を登録するためのデコレータ。

新しいOPタイプを定義するときに、このデコレータにのみ使用されます。 OPのためのm入力とn出力、勾配関数は、元取る関数でOperationし、 n Tensor (OPの各出力に対する傾きを表す)オブジェクト、および戻りm Tensorと部分的勾配を示す(オブジェクト)OPの各入力に対して。

例えば、種類の動作があると仮定"Sub"二つの入力取るx及びy 、単一の出力を返すx - y 、以下の勾配関数が登録されることになります。

 @tf.RegisterGradient("Sub")
def _sub_grad(unused_op, grad):
  return grad, tf.negative(grad)
 

デコレータ引数op_type操作の文字列型です。この対応OpDef.name動作を規定プロトするフィールド。

op_type 操作の文字列型。この対応OpDef.name動作を規定プロトするフィールド。

TypeError 場合op_type文字列ではありません。

メソッド

__call__

ソースを表示

レジスタ関数fのための勾配関数としてop_type