このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.math.sign

TensorFlow 1バージョン GitHubでソースを表示する

数値の符号の要素ごとの指示を返します。

ノートブックで使用

チュートリアルで使用

y = sign(x)= -1、x <0の場合。 x == 0の場合は0。 x> 0の場合は1。

複素数の場合、y = sign(x)= x / | x | x!= 0の場合、それ以外の場合y = 0。

使用例:

tf.math.sign([0., 2., -3.])
<tf.Tensor: ... numpy=array([ 0.,  1., -1.], dtype=float32)>

x テンソル。次のタイプのいずれかでなければなりません:bfloat16、half、float32、float64、int32、int64、complex64、complex128。
name 操作の名前(オプション)。

テンソル。 xと同じ型です。

xがSparseTensorの場合、SparseTensor(x.indices、tf.math.sign(x.values、...)、x.dense_shape)を返します。

xSparseTensor場合、 SparseTensor(x.indices, tf.math.sign(x.values, ...), x.dense_shape)返します