このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.name_scope

TensorFlow 1つのバージョン GitHubの上のソースを表示

使用のためのコンテキストマネージャPythonの演算を定義します。

このコンテキストマネージャは、その中に追加されたすべての操作の名前が接頭辞を持つようになります名前スコープを、プッシュします。

たとえば、新しいPythonのオペアンプと呼ばれる定義するmy_op

 def my_op(a, b, c, name=None):
  with tf.name_scope("MyOp") as scope:
    a = tf.convert_to_tensor(a, name="a")
    b = tf.convert_to_tensor(b, name="b")
    c = tf.convert_to_tensor(c, name="c")
    # Define some computation that uses `a`, `b`, and `c`.
    return foo_op(..., name=scope)
 

実行すると、テンソル、 a bc 、名前を持っていますMyOp/aMyOp/b 、およびMyOp/c

内部tf.functionスコープ名がすでに存在する場合は、名前を追加することでユニーク行われます_n 。たとえば、呼び出しmy_op二時間は発生しますMyOp_1/aなど

name 名前の範囲内で作成されたすべての名前に使用する接頭辞。

ValueError 名前は文字列ではない場合。

name

メソッド

__enter__

ソースを表示

スコープのブロックを開始します。

戻り値
スコープ名。

__exit__

ソースを表示