このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.norm

TensorFlow 1つのバージョン GitHubの上のソースを表示

ベクトル、行列、テンソルとのノルムを計算します。

ノートPCで使用されます

ガイドで使用チュートリアルで使用されます

この関数は、いくつかの異なるベクトルのノルムを計算することができる(1ノルム、ユークリッド又は2-ノルム、INFノルム、及びpのための一般的なpノルムで> 0)と行列ノルム(フロベニウス、1-ノルム、2-規範とINFノルム)。

tensor Tensor種類のfloat32float64complex64complex128
ord ノルムの順。サポートされる値は、 'fro''euclidean'12np.inf及び対応するpノルムを生じる任意の正の実数。デフォルトは'euclidean'場合フロベニウスノルムに相当するtensor行列とベクトルの2ノルムと同等です。いくつかの制限が適用されます)フロベニウスノルム'fro'軸が2タプル(行列ノルムである場合にはベクトルに対して定義されていない、B))のみ'euclidean' 、「 fro'12np.inf支持されています。説明を参照してくださいaxisテンソルに保存されたベクトルまたは行列のバッチのための規範を計算する方法についてを。
axis 場合axisありませんNone (デフォルト)、入力がベクトルとみなされ、単一のベクトルノルムは、テンソルの値のセット全体にわたって計算される、すなわちnorm(tensor, ord=ord)に相当するnorm(reshape(tensor, [-1]), ord=ord)場合axis Pythonの整数であり、入力ベクトルのバッチとみなされ、 axisに軸を決定tensorベクトルのノルムを計算する上。場合axis Pythonの整数の2組では行列のバッチとみなされ、 axisに軸を決定tensor行列ノルムを計算するためにその上。負のインデックスはサポートされています。例:あなたは、実行時に行列や行列のバッチのいずれかになりますテンソルを渡している場合は、パスaxis=[-2,-1]の代わりに、 axis=Noneわから行列ノルムが計算されていることを確認します。
keepdims Trueの場合、に示されている軸axisそれ以外の場合はサイズ1で保持され、内寸法axis出力形状から除去されます。
name OPの名前。

output A Tensorベクトルまたは行列ノルムを含むテンソルと同じタイプの、。場合keepdims Trueで、出力のランクがのランクに等しいtensor 。そうでない場合、 axis出力がスカラーであるいずれでもない場合、 axis整数である、のランクoutput以下のランクよりも一つであるtensor 、場合axisの2組であるランクoutput以下のランクよりも2であるtensor

ValueError 場合ordまたはaxis無効です。

numpyの互換性

numpy.linalg.normと、ほとんど同等。サポートされていません:ORD <= 0、2ノルムの行列、核規範について。その他の違い:)軸がない場合はNone 、扱い平坦化tensor関係なく、ランクのベクトルとして。 b)は明示的に高次のテンソルを含め、デフォルトとして「ユークリッド」ノルムをサポートしています。