このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.print

TensorFlow 1つのバージョン GitHubの上のソースを表示

指定された入力を印刷します。

ノートPCで使用されます

ガイドで使用チュートリアルで使用されます

所望の出力ストリームまたはログレベルに指定された入力を印刷A TensorFlow演算子。入力は、疎密テンソル、原始的なPythonオブジェクト、テンソルを含むデータ構造とすることができ、印刷可能なPythonはオブジェクト。印刷されたテンソルは、再帰的にまとめるために、各次元の最初と最後の要素を表示します。

例:

シングル入力の使用:

 tensor = tf.range(10)
tf.print(tensor, output_stream=sys.stderr)
 

(このプリント "[0 1 2 ... 7 8 9]" sys.stderrを持ちへ)

マルチ入力の使用:

 tensor = tf.range(10)
tf.print("tensors:", tensor, {2: tensor * 2}, output_stream=sys.stdout)
 

(このプリント "テンソル:[0 1 2 ... 7 8 9] {2:[0 2 4 ... 14 16 18]}" sys.stdoutに)

入力の区切りを変更します:

 tensor_a = tf.range(2)
tensor_b = tensor_a * 2
tf.print(tensor_a, tensor_b, output_stream=sys.stderr, sep=',')
 

(sys.stderrを持ち、このプリント "[0 1]、[0 2]")

使用tf.function

 @tf.function
def f():
    tensor = tf.range(10)
    tf.print(tensor, output_stream=sys.stderr)
    return tensor

range_tensor = f()
 

(このプリント "[0 1 2 ... 7 8 9]" sys.stderrを持ちへ)

@compatibility手動の外側作成グラフにおいて(TF 1.1グラフとセッション) tf.function 、この方法は、データを印刷作成TFオペレータを返します。確認作業の実行を行うには、ユーザーが生成するオペアンプを渡す必要がtf.compat.v1.Sessionのrunメソッド、または指定して実行するオペレーションのための制御依存関係としてオペアンプを使用するwith tf.compat.v1.control_dependencies([print_op]) @end_compatibility

TF 1.xのグラフにおける互換性の使用:

 sess = tf.compat.v1.Session()
with sess.as_default():
    tensor = tf.range(10)
    print_op = tf.print("tensors:", tensor, {2: tensor * 2},
                        output_stream=sys.stdout)
    with tf.control_dependencies([print_op]):
      tripled_tensor = tensor * 3
    sess.run(tripled_tensor)
 

(このプリント "テンソル:[0 1 2 ... 7 8 9] {2:[0 2 4 ... 14 16 18]}" sys.stdoutに)

*inputs 印刷への入力である位置引数。印刷出力での入力は、スペースで区切られます。入力はPythonのプリミティブ、テンソル、例えばテンソル(おそらく任意の方法でネストされたデータ構造を有する)を含んでいてもよいdictsとリストなどのデータ構造、および印刷可能なPythonオブジェクトであってもよいです。
output_stream 出力ストリーム、ログレベル、またはに印刷するファイル。標準ではsys.stderrですが、sys.stdoutの、tf.compat.v1.logging.info、tf.compat.v1.logging.warning、tf.compat.v1.logging.error、absl.logging.info、absl.logging .warningとabsl.logging.errorもサポートされています。ファイルパスに続いて、例えば、「ファイル:///tmp/foo.out」:ファイルを印刷するには、「//ファイル」で始まった文字列を渡します。
summarize 最初と最後のsummarize各次元内の要素を再帰的テンソルごとに印刷されています。なし場合、各寸法の第3および最後の3つの要素は、各テンソルのために印刷されています。 -1に設定すると、それはすべてのテンソルのすべての要素を出力します。
sep 入力を区切るために使用する文字列。 「」デフォルトは。
end 最後に印刷された文字列が追加された文字を終了します。改行文字のデフォルト。
name 操作の名前(オプション)。

なし熱心に実行します。グラフ中にこの戻りを指定された出力ストリームまたはログレベルで指定された入力を印刷TFオペレータをトレース。この演算子は、自動的に内部を除いて実行されますtf.compat.v1グラフとセッション。

ValueError サポートされていない出力ストリームは、指定された場合。

Python2の互換性

python 2.7では、以下をインポートしてください: from __future__ import print_function