このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.roll

TensorFlow 1つのバージョン GitHubの上のソースを表示

軸に沿ったテンソルの要素をロール。

ノートPCで使用されます

チュートリアルで使用されます

要素は、オフセットによって(より大きなインデックスに向かって)積極的にシフトされるshiftの次元に沿ってaxis 。負のshift値は、反対方向に要素をシフトします。ロールが最後の位置は、第1およびその逆に一巡し合格したことの要素。複数の軸に沿って複数のシフトが指定されてもよいです。

例えば:

 # 't' is [0, 1, 2, 3, 4]
roll(t, shift=2, axis=0) ==> [3, 4, 0, 1, 2]

# shifting along multiple dimensions
# 't' is [[0, 1, 2, 3, 4], [5, 6, 7, 8, 9]]
roll(t, shift=[1, -2], axis=[0, 1]) ==> [[7, 8, 9, 5, 6], [2, 3, 4, 0, 1]]

# shifting along the same axis multiple times
# 't' is [[0, 1, 2, 3, 4], [5, 6, 7, 8, 9]]
roll(t, shift=[2, -3], axis=[1, 1]) ==> [[1, 2, 3, 4, 0], [6, 7, 8, 9, 5]]
 

input A Tensor
shift A Tensor 。 :次のいずれかのタイプでなければなりませんint32int64 。寸法は、0-D又は1-Dでなければなりません。 shift[i]指定要素により指定された次元に沿って(大きなインデックスに向かって)積極的にシフトされる場所の数axis[i] 。負のシフトは反対方向の要素をロールバックされます。
axis A Tensor 。 :次のいずれかのタイプでなければなりませんint32int64 。寸法は、0-D又は1-Dでなければなりません。 axis[i]シフトすることを指定寸法shift[i]発生しました。同じ軸が複数回参照されている場合は、その軸の総シフトは、その軸に属するすべてのシフトの合計になります。
name 操作の名前(オプション)。

A Tensor 。同じ型を持つinput