このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

モジュール:tf.sparse

TensorFlow 1つのバージョン

スパーステンソル表現。

参照してくださいtf.sparse.SparseTensor

クラス

class SparseTensor :スパーステンソルを表します。

関数

add(...)追加2テンソル、それぞれの少なくとも一方があるSparseTensor

bincount(...)整数値はテンソルに表示された回数をカウントします。

concat(...)連結しのリストSparseTensor指定した次元。 (非推奨の引数)

cross(...)粗密テンソルのリストからスパースクロスを生成します。

cross_hashed(...)粗密テンソルのリストからスパースクロスハッシュ化された生成。

expand_dims(...)インデックスに挿入長さ1軸とテンソルを返しaxis

eye(...)対角線に沿ったものと2次元スパーステンソルを作成します。

fill_empty_rows(...)入力2-Dを埋める空の行SparseTensorデフォルト値を持ちます。

from_dense(...) :スパーステンソルに密テンソルを変換します。

mask(...)のマスク要素IndexedSlices

maximum(...) :2 SparseTensorsの要素ごとの最大を返します。

minimum(...) :2 SparseTensorsの要素単位分を返します。

reduce_max(...) :SparseTensorのディメンション間の要素の最大を計算します。

reduce_sum(...) :SparseTensorのディメンション間の要素の合計を計算します。

reorder(...)を並べ替えSparseTensor正準、行優先順序に。

reset_shape(...)リセットの形状SparseTensorインデックスと変わらない値を持ちます。

reshape(...)整形A SparseTensor新しい密な形で値を表現します。

retain(...)内で指定された非空の値を保持SparseTensor

segment_mean(...)テンソルのまばらなセグメントに沿って計算した平均。

segment_sqrt_n(...)計算SQRT(N)で割ったテンソルのスパースセグメントに沿って合計。

segment_sum(...) :テンソルのまばらなセグメントに沿って合計を計算します。

slice(...)スライスSparseTensorに基づいてstartし、 `サイズ。

softmax(...)バッチ処理NDへのソフトマックス適用SparseTensor

sparse_dense_matmul(...)乗算SparseTensor(または密行列)密行列による"A"(ランク2の)

split(...)スプリットSparseTensornum_split沿っテンソルaxis

to_dense(...)変換しSparseTensor密テンソルに。

to_indicator(...)変換するA SparseTensor IDの密なブールインジケータテンソルに。

transpose(...)転置A SparseTensor